MONKEY MAGIC

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

MONKEY MAGIC(モンキーマジック/モンキィマァージッ)とは、孫悟空が用いたとされるMAGICである。日本ではゴダイゴ天皇が残した和歌に登場することで有名。

少年期[編集]

孫悟空はMONKEYであるにもかかわらずEGGから生まれた。場所は中国の花果山(かかざん)のMOUNTAIN TOP。「孫悟空」という名前はとてもBEAUTIFUL NAMEだと絶賛され、皆がその素晴らしい名前を呼びかけていた。性格は非常にPUNKYで、神やMONKEYたちをMAGICでからかって楽しんでいた。やがて神は彼の数々の悪行にANGRY、罰としてに閉じ込めてしまった。

ガンダーラへの旅[編集]

孫悟空はMONKEY MAGICのおかげで不老不死であった。時は流れ、あるとき親切な僧侶である三蔵法師が彼を山から救い出した。彼らと沙悟浄、猪八戒は、かつてINDIAにあったとされる、そこに行けばどんな夢も叶う、誰もみな行きたがるユートピア、愛の国ガンダーラ[1]へ経典を取りに行く旅に出ることとなった。一時は「どうしたら行けるのだろう、教えてほしい」と弱気になるが、MONKEY MAGICの力を借りながら、なんとかガンダーラへたどり着くことができた。しかし、本当の目的地はガンダーラではなく天竺であると分かり、今度は天竺に向けて旅立つが、続編が制作されなかったため結末は不明である。

アンドロメダへの旅[編集]

かつて受けた神の罰によって孫悟空のMONKEY MAGICは衰えていた。さらに時は流れ、もはや不老不死ではなくなってしまった彼が自分自身の体の衰えに気づき始めていた頃、アンドロメダ星雲に不老不死の機械の体をくれる星があるという噂を聞く。落ち込んでいた彼はその顔を上げて、再び始まるドラマのために旅支度をし、GALAXY EXPRESS 999に乗り込み、JOURNEY TO THE STARSを始めるのであった。

余談ではあるが、地球に帰還した彼は後に日本のプログレッシブ・ロック界の立役者となり、ヒット曲を連発することとなる。

現在[編集]

不老不死となった孫悟空は、現在でも人間の姿として生きていると言われている。

孫悟空と思われる人物[編集]

  • 堺正章
    現在最も有力な説である
  • 香取慎吾
    MONKEY MAGICがあればもっと演技が上手いのではないか
  • 孫正義
    MONKEY MAGICがあればあんなにハゲないのではないか
  • 岡村隆史
    他人の空似ではないか
  • タケカワユキヒデ
    いまや猪八戒になってしまったので……

主なMONKEY MAGIC[編集]

  • テーブルクロス引き
  • ジャグリング
  • テーブルに置いた複数のサイコロをコップの中で振るだけで積み上げる
  • 星を3ついただく

脚注[編集]

  1. ^ 実はガンダーラは、アフガニスタンとパキスタンにまたがる場所にある。

関連項目[編集]