NON(ノーン) STYLE

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「NON STYLE」の項目を執筆しています。
「M-1優勝おめでトゥース!!!」
NON STYLE について、オードリー(春日)
「思てたんと違う!」
NON STYLE について、笑い飯(西田)

NON STYLEノーンスタイル・ノンスタイル)は、吉本人民共和国の期待の新人である。若手ナンバー1と言っても過言ではない業績を数々積み重ね、積み重ね、積み重ね・・・てはいるのだが、一向に表舞台に立つことがない不思議なコンビである。

というよりも、むしろ、全世界から忘れられている。まあ、おもしろいんだけどね。

人気は中途半端なまま、タイトルと獲得賞金額だけ増え続けている奇特な存在のため、NON BREAK (ノンブレイク)との異名まで持っている。

2人共超能力者であり、漫才と言う名の超能力で女子中高生をひきつける能力とひきはなす能力を持つ。

メンバー[編集]

「ウザぁ~!」
井上裕介のイキリ について、石田明
「ウザぁ~ってレベルじゃねぇぞ!
井上裕介のイキリ について、モノウ・ルッテレ・ベルジャネーゾ
「最強のウザキャラが やって来た やって来た やって来たぞ」
井上裕介のイキリ について、渡瀬恒彦

石田 明(いしだ あきら)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「石田明」の項目を執筆しています。
  • 1980年2月20日生まれ。
  • 身長173cm、体重49kg、BMI16.37。
  • その超痩身の体型の上に常に白い服装を身につけているため、一反木綿と呼ばれても観客が納得できる。
  • なおかつ虚弱体質という素晴らしい属性の持ち主。
  • 「デコピンで指を骨折」「しっぺがドクターストップ」等にわかには信じられないレベルの虚弱さを本人も公言している。
  • この虚弱体質は幼少時からの母親による虐待が原因という説もあるが、定かではない。
  • 相方がナルシストでさえなければ、もっと早く売れたのに。
  • 親が「働きたくなかった」と言っていたことから彼は生まれつき不幸体質なのだろう。
  • 余談だが、石田彰とは関係ない(てか、この話も関係ないだろ)。
  • イ・ジュンギにそっくりである。

井上 裕介(いのオェ~ ゆうすけ)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「井上裕介」の項目を執筆しています。
  • 1980年3月1日生まれ。
  • 調子の良い時は身長165cm(ほんとは163cm、調子が悪いと160cm)、体重63kg。
  • 常にタンクトップの上から直接ジャケットを羽織ることが宿命付けられている男。この服装をしているのは日本では武井壮と彼しかいない。
  • 愛称は「海苔弁当地蔵」。
  • 漫才の構成上、常に痛いボケをかまさざるを得ないツッコミ。
  • (というか素で)マジで痛いため、彼らが全世界から忘れられている原因の80%を担っている。
  • しかし、彼の痛さはあくまでもネタであるため、「素で痛い=忘れたい」という当たり前の心理状況をぐっとこらえれば、彼らを思い出せる日が来るかもしれない。
  • なんでかは分からないが自分のことをGACKTよりもかっこいいと思っている筋金入りに性根が捻じ曲がっているめっちゃブスなナルシスト。
  • 座高が非常に高いことを除けば世界一かっこいいと本気でおもっている。
  • 暗い石田が自立できるようにとR-1に石田をすすめた。
  • 自分ですすめたくせに石田が準決勝に進出したことによって「捨てないで~」と泣きわめいたツンデレでもある。

彼らの功績[編集]

全世界から忘れられているわりに、数多くのタイトルを実力で奪ってきているのが彼らである。

爆笑オンエアバトルの奇跡[編集]

若手の登竜門、お笑い番組のと呼ばれるNHK爆笑オンエアバトルにおいて参加からわずか2年目にして決勝に進出、しかも、当時史上最強と言われていたタカアンドトシを破って第9代チャンピオンの栄光に輝くという若手ナンバー1の名にふさわしい業績を持っている。しかし、なぜか忘れられている。

知名度において、ダンディ坂野に完敗しているチャンピオンは、彼らと、初代チャンピオンであるDonDokoDonぐらいである(他にもいたような気がするが思い出せない)。後者は全て、平畠が悪い。前者は、まぁ、とにかく、何かが悪い。

M-1での躍進[編集]

2008年度のM-1グランプリで、見事に優勝。爆笑オンエアバトルチャンピオンとの2冠は、アンタッチャブル以来の大記録である。しかし、なぜか忘れられている。そのため、準優勝であるオードリーに全てを掻っ攫われた上にそのせいでオードリーの仇として小学生から浣腸を食らうなど、逆の意味で忘れられない存在となった感もある。

しかし、やっぱり忘れられている

2009年度も敗者復活から最終決戦まで駆け上がり、連覇までしたのにさっぱり売れないという逆の意味での奇跡を起こすのではと危惧されたが、それは幸か不幸か叶わずに終わった。 ただし、例年番組中に流れるCMには昨年の優勝コンビが起用されていたが、この年は野生のバッファローや渡り鳥が大抜擢され、彼らの出演は無かった。どうやら作るのを忘れていたらしい。

S-1での躍進[編集]

彼らはソフトバンクのS-1バトルでも月間チャンピオンとして1000万円をもらっている上、決勝では見事総合優勝して1億円を獲得したらしい。売れていないのに金にまったく困ってないという吉本芸人として非常に稀有な存在となっている。が、それがきっかけで売れるとも考えられないので、もういっそこの資金を元手に起業しては?と言った意見は禁句である。世間的には勝ち組なのに、芸人としては実質的にまだ無冠と言っても差し支えない。

漫才のスタイル[編集]

名前とは裏腹に型にはまった漫才で、他の漫才コンビと比べても味のないキャラクターであるため、最初、無理にキャラ作りを行ったことが、後の彼らの悲劇につながる。まず、井上=イキリ(痛い男・やたらかっこをつけている・キザ・イライラする・生理的に無理・気持ち悪い)というキャラ設定で漫才を行っていたが、面白いんだけど、痛い。笑えるんだけど、痛いという観客の心理を見事に捕まえ損ねた結果、彼らはなぜか全世界から忘れられてしまうというか、存在自体抹殺されている。そのため、2008年度から井上のイキリキャラを封印し、若手らしくスピード感のある漫才を前面に押し出して見事M-1に優勝する。しかし、その輝かしい功績も全世界から忘れられている

これは、残念なことに、石田、井上、両者ともに壊滅的なまでのトークの下手さが爆裂したためである。そのため、同じようにトーク下手な芸人の聖地である爆笑オンエアバトルを卒業してしまった彼らが、純粋にネタだけで生き残れる番組が、ほとんど存在しなかったという悲劇でもある。爆笑オンエアバトルチャンピオンでM-1グランプリをとった彼らがネタを見せられる番組が爆笑レッドカーペットしかないというのが、ある意味恐ろしい部分でもある。もう終わっちゃったけどね。

まぁ、だから全世界から忘れられていくわけだ。でも僕は面白いと思います。本当に面白くて仕方ありません。本当ですって。

関連項目[編集]

「NON STYLE」は、全世界から忘れられているため、更なる加筆を求めています。お願いします。早くしないとまたM-1に出ちゃうよ! (Portal:スタブ)