planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」の項目を執筆しています。

planetarian ~ちいさなほしのゆめ~とは、涼元悠一の遺作である。人生の発表後、燃え尽き症候群となったKeyが仕方なく出した、よくわからないジャンルの創作物である。

概要[編集]

おそらく、Keyのゲームの中では最も知名度が低いと考えられている、KeyらしからぬSFである。「Kanon?ああ、うぐぅね」「CLANNAD?何だ人生か」などとエロゲ界では一目おかれていKeyの作品であるにも関わらず、一般のエロゲーマーには全く知られない、エセ鍵っ子ではやったことさえないという北川もびっくりな待遇ぶりである。

にも拘わらず何を思ったかPlayStation 2へ移植され、2011年にはチャリティダウンロード版としてPSP版が正式リリースされた(イベント専売のパッケージ版はちょっと前に出てた)。どう考えてもチャリティ向きの話じゃないが誰も気にしなかった

さらに2016年、「Keyが贈る珠玉のSF感動作」という何とも安っぽいアオリで何故かアニメ化。しかも劇場版まで作成。キャラデザがアニメ版ネプの人になったため、多分はいている

ストーリー[編集]

昨今の不況の煽りを受けて、心身ともにダメになったフリーターが、これまた不況の影響で倒産したデパートでロボットと出会う。そんなダンジョンで、アイテムを強奪するためにやってきたにも関わらず、たまにしか起動しないロボットに魅入られて人生を変えられてしまう哀れな男の話である。

登場人物[編集]

ほしのゆめみ - (すずきけいこ
ほしのゆめみ
  • はいてない
  • 倒産したデパートのプラネタリウムで、夜逃げしたスタッフとお客を待ち続けるハチ公。
  • 設定では利用者の一般公募で決まったことになっているが、実に安易なネーミングである。作者もめんどかったのではないだろうか。
  • これだけはKeyらしく、ロリである。
  • 電球フェチである。
  • 日々電球を抱きながら、「はぁはぁ、イエナさんめっさ萌えー」と言っている。
  • 頭周辺が光る。ハゲているわけではない。
  • もしかすると、電球に自分を投影しているのかもしれない。
  • 中の人のせいで、ロボットなのにえろい。
  • シリアスな場面でも太ももに目がいきます。
  • 人の話は聞かない。ネットワークに確認はするのにね。
  • ちょっと、頭の弱い子。マルチやイルファには遠く及ばない。
  • 頭だけでなく、病院を集会所にするお年寄りの如くあちこち故障中。
  • 自称「時速4kmでの移動が可能」だが、一時間かけても1kmも進めない。
  • だが、それがいい!
  • でも、実際にこんなロボットいたらちょっと困る……かな?
屑屋 - (声:小野大輔
  • 先日解雇されたばかりのフリーターである。
  • 前作の流れを受け継ぎ、やはりツンデレである。
  • こっちも人の話を聞かない。でもツンデレだからそのうち……
  • まあ、最高と同じようなものだろう。
イエナさん
  • ゆめみの献身的介護を受ける幸せ者。
  • その体をゆめみの柔らかそうな手でなでられているなんて……ちくしょう!
館長
  • ゆめみはわしが育てた。

なぜ、はいてないのか[編集]

確かに、ロボットである彼女にとってぱんつは不必要なものであるかもしれない。しかし、デパートの売り子という、第一印象で集客数を決めてしまうような役が、そんなはたしない恰好で良いのだろうか。その考えられる要因としては次のようなものがある。

ぱんつを知らない説[編集]

まず第一に考えられるのは、ゆめみがそもそもぱんつを知らないという可能性である。ロボットとして生産されたゆめみが、一切ぱんつを見ずに過ごしてきたことは否定しがたい。通常業務の中で、お客のぱんつのぞき見ることはないだろうし、あったとしても元々その物体が何であるかわからないのだから、ぱんつに関心を持つことはないだろう。実際、彼女は物語の中で恥じらいをあらわにすることは一切ない。ただ、あるがままに生きてきたために、ぱんつをつけていないのだ。

ぱんつが邪魔だった説[編集]

あるいは、ぱんつがゆめみの仕事にとって邪魔だったのかもしれない。彼女の動力は電力であるが、その機体内になんらかの理由で水分が蓄積される可能性がある。その場合には、体外に排出されるのだろうが、その方法は何だろうか。精巧な作りをしている彼女はやはり人と同じ方法をとるのではないだろうか。その場合には、ぱんつは仕事を第一とする彼女にとって時間のロスの原因となりうる。それゆえに、業務の効率化を図るためぱんつを自ら脱いだのかもしれない。

ぱんつをぬがされた説[編集]

可能性としては低いが、ぱんつを何者かの手によって脱がされているのかもしれない。その有力者としては館長がいる。彼が職権を乱用し、ゆめみとアーン♥♥したのかもしれない。その際、ぱんつフェチな館長はゆめみのぱんつを持ち去り、そのまま夜逃げしてしまったのである。取り残されたゆめみはどうすればいいのかわからず、結局そのままぱんつを付けずに働いているのである。彼女の笑顔の裏には、限りなき羞恥があるのだ。

でもやっぱり[編集]

原画が原画だから仕方ないか。

なんにせよ、イエナさんは見ている。

関連項目[編集]

Sunohara.png あ、しまった!
この項目「Planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」に使うネタ忘れた!
智代! お前のネタ貸してくれ!! それと便座カバー (Portal:スタブ)