SUPER H2O

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

SUPER H2O(スーパーえいちつーおー)とは、地対地ミサイルである佐藤琢磨に搭載される燃料の一種。

概要[編集]

初期の佐藤琢磨は燃料としてアイソトニック燃料(ポカリスエットアクエリアスなど)を搭載していた。しかしこれらのアイソトニック燃料では燃焼効率が悪いうえに不安定であったため、暴発することもしばしばであった。そこで開発されたのがSUPER H2O(以下H2O)である。H2Oはハイポトニック燃料といわれるもので、ミサイル起動状態において最適なパフォーマンスをするよう設計されている。

H2Oによりスムーズな燃料補給が可能になった佐藤琢磨は卓越した誘弾性能を実現。見事にミハエル・シューマッハを追撃した。

しかしH2Oを搭載したからと言って琢磨が完璧なミサイルになったわけではない。2005年に行われた中国での合同演習において発射カウント1秒前に突然誤発射されるという事故が起きたが、FIAの迅速な対応により大事には至らなかった。原因は佐藤琢磨自体のタイマー部品に欠陥があるとも見られるが詳細についてはお察しください

2008年5月6日、鈴木亜久里が販売終了を発表した。お察し下さい

評価[編集]

ポカリスエットほど甘くなく、アクエリアスほど薬臭くなく、さっぱりした味わいで悪くはないのだが、言い換えれば中途半端である。その売れ行きについてはお察し下さい。発売当初は美味しかったが2005年だか2006年だかにリニューアルして同じ燃料とは思えないほど不評だった。 2010年に不評の原因だったプロポリスがなくなりカルニチンが新たに加わった。味は発売当初に近くこれからに期待。

ただし、ツインリンクもてぎには商品が全てH2Oで埋め尽くされた「SUPER H2O専用自動販売機」が並んでいるが、イベント(特にスーパーGTなど)時には大半が売り切れる。ここで買い占めに走る人たちがホンダのファンであるかどうかについてもお察し下さい

副産物[編集]

H2Oは、燃料としての性能もそこそこであるが、消費することで出る排ガスが宣伝費であるという特徴がある。実を言うとこれがいちばん「おいしい」部分であり、鈴木亜久里もその魅力に勝てなかった。その効果はなかなか馬鹿にならず、ついには時空をねじ曲げ、2007年デビューのはずのスーパーアグリを2006年の世界に引き戻してしまったほどである。

同様の効果が、上記の二人にも訪れることを期待したい。

関連項目[編集]

この項目「SUPER H2O」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)