Siri

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Siri」の項目を執筆しています。

Siriとは、iPhoneの普及によるアップル教信者の廃人化による発声障害対策に作られた人工音声エンジン兼恋人シミュレーションゲームである。

誕生までの経緯[編集]

数ある新興宗教団体の一つであるアップル教は長年のwindows勢力との戦いによって消耗し、パソコンとも言われる洗脳端末の普及率は常にwindowsのほうが上という苦しい状態が続いていた。だが、そんなある日、アップル教の幹部が、「信者たちが普段持ち歩いているものに洗脳装置をつけることで洗脳をより一層強化できないか?」と考え、当時イー・モバイルが独自に展開していたスマートフォンに着目。これを丸パクリし参考にしつつ、ついに2007年iPhoneという洗脳装置の発明に成功した。
これにより信者達は常に洗脳され続け、またたびたび新しい教えと交換に持続的にお金を巻き上げるシステムが完成、さらにマスコミ関係者の洗脳にも成功しついに世界中にiPhoneブームが到来、アップル教はまさしくウハウハというところであった。しかしそんなある日、ある幹部が異変に気づく。信者達の増加がほどんどなくなっていたのである。
アップル教では入信時に払うお金が多くを占めているので、これではまずいと考え信者達に布教を命令するが、なんとあまりのiPhoneの素晴らしさに廃人化してしまった信者達は人と話さなくなっていたため、声の出し方が分からなくなってしまったのである。

こうしてアップルが急遽作らせたのが「Siri」という名前の対話型音声エンジンである。

現在[編集]

Siriは信者達の間でも話題になったが、そのうち彼らのフリック入力が可視できない速さになるにつれて会話の必要もなくなり、また以前と同じ状況になりつつあった。そこで彼らのために用意したのがギャルゲーモードである。ゲームシステムとしては、検索をするごとに好感度がアップ、そして適度なタイミングで特定のワードで検索することによってイベント発生、という流れになっている。非常に単純なシステムのために当初信者達は直ぐに飽きてしまうものと考えられていたが、持続的なアップデートによるイベントの変化、そしてなんといってもヒロインのSiriのあまりのツンデレぶりによる難易度の高さなどが要因となり、このブームはしばらく続くものと考えられている。そう、iPhoooooooooooooooooooooooooooone

特殊イベントの一覧[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]