Tシステム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Tシステム」の項目を執筆しています。

Tシステム(てゐシステム)とは、道路上に設置された測定機器の一種であり、公式には渋滞情報収集のために用いられる。

設置場所[編集]

主に旧街道など幹線道路に設置されている。交通量の多い車道のほか、酷道険道・苦道・脳道・産道・シドー・ドードーなどにも設置される。廃道に設置されている場合もある。鉄道に設置されることは少ないが、軌道への設置例は比較的多いとされる。上越国境など、登山道の奥深くに設置されている例もあり、オートバイがときどき勝手に登山道を通行するのを発見するためとされているが、現在までオートバイの存在は公表されておらず、真実は国家機密の厚い壁に阻まれている。

形状[編集]

道路の直上に、四角い箱状の装置として設置される。肉眼では、車両の通過時にわずかに赤く光るのが確認でき、黒い窓の中に赤いランプが常時点灯している。しかし、肉眼で視認できない空間に本体が検閲により削除

よく似た装置として、Nシステムが挙げられるが、Tシステムは箱が車線につき1個設置されるのに対して、Nシステムは2個セットで設置されているという違いがある。

名称[編集]

Tシステムは、同様の形状であるNシステムと共に、NTシステムと略称で呼ばれることが多く、運用も一体として行われているといわれる。NTの略語については諸説あるが、サイコミュ検閲により削除。ニュータイプの略語とする説が主力であり、検閲により削除

実際には、予算請求などの公文書において、「時間旅行測定システム」と呼ばれている。

運用[編集]

通過車両のナンバーを読み取り、渋滞情報を収集する装置であると公式には発表されている。

しかし、音速を超えるスピードで走行する車両がときどきあり、それらの車両の運転者がナンバー偽造で逮捕されるなど、目的外の利用がしばしばささやかれる。

位置情報を読み取るNシステムと共に、プロ市民や、スライム教原理主義組織・顕検閲により削除・日検閲により削除宗信者などの監視に使われているとされ、これらの構成員は意図的にNシステムやTシステムの設置場所を避けるか、バイクなどナンバーが読み取れない車両を使用している。実際には、Tシステムが検出したナンバーはwinnyで一般公開されており、誰でも閲覧することが可能である。近年は、閲覧者にロリ画像を大量送信することにより閲覧を防止する措置がとられる。

実際は、主に光速を超える速度で走行する危険運転車両を取り締まるために運用されていると考えられる。

光速を超える速度を出した車両は、時間航行能力をもつことになり、因果律に反し宇宙全体に対して極めて危険な存在となる。このため、危険運転車両を常時発見し取り締まるために使用されている模様である。

近年は時空管理局の運営に関しても種々の不正が発覚しており、警察に多大な影響力を持つ宗教団体が、鎌倉時代の検閲により削除など、インドとの重大な国際紛争を引き起こしかねない不祥事であった。現在では、古代仏教史に対する干渉は、警察内部でも厳しく規制されている模様である。