スーパーマリ子48 XRATED

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Icon-not-under18.png 注意 : アンサイクロペディアに未成年者の閲覧にふさわしくない記述・表現が含まれているのは仕様です。
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「Tech48」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
「でも、テクノロジーをこんなふうに使っちゃっていいのでしょうか?大人のゲームを研究開発するTEATIMEは断言します。「はい。いいのです!」」
Tech48 について、大人のゲームを研究開発するTEATIME

スーパーマリ子48 XRATED(- こフォーティーエイト エクスレイテッド)は、TEATIMEより発売された、ライセンシー非公認の18禁美少女エロゲマリオである。開発コードTech48。また、TEATIMEはこの作品で実装したエロゲ腹上死検知システム・フェイストラッキングにより、西神奈川1丁目消防署長賞を受賞している。

開発経緯[編集]

TEATIMEは2007年に『らぶデス2』を完成、リアルタイム2.5DセクシーコマンドーFPSという新ジャンルを切り開くが、ある問題を抱えていた。それは「茶時はイッちゃてるよ。あいつら未来に生きんな」と言わしめる、時代を先取りしすぎた要求スペックの高さである。TEATIMEはエロゲ標準仕様のロートルPCでもそれなりに動作するFPSを目指し、新たなプロジェクトチームを発足、開発を開始する。当初の開発コードは、64ビット時代から一歩戻ろうということでTech32だった。

しかし、普通のエロゲでは飽きたらず、スパゲティコードにを加えるのがこのブランドの習性である。古き良き16ビット時代、オリジナルを越えたエロゲで名高いゲームメーカーがあった。そう、『ボディコンクエスト』、『ハイレグファンタジー』を出したハッカーインターナショナルである。TEATIMEはこの手法にあやかることにし、16ビット時代の良い点をプラスということで、開発コードも+16されTech48になった。ただ、最先端FPSブランドに古めかしいRPGシステムなど似つかわしくない。そこでTEATIMEが目を付けたのが、言わずとしれた国民的アクションゲーム『スーパーマリオブラザーズ』であった。

その後もTEATIMEの技術力をふんだんに駆使し、スクラップ&スクラップを重ね、ついに完成したのがこの作品である。

特徴[編集]

シルバー世代にやさしい[編集]

TEATIMEはもともと加齢臭の強いILLUSIONの子ブランドであり、また今時マリオパロに飛びつくプレイヤーは相当年を食っているものと思われる。そこで、この作品ではシルバー世代にやさしい設計がなされている。

  • 日本古来の体位・四十八手を実装している敵性語であり横文字のチラつくフェラチオだの69とかいった言葉は一切使われていない。日本の伝統を知らないゆとり世代はビジュアル教材として使用することも可能である。
  • マリオなのにジャンプがない。ジャンプのような激しい動きを行うと、シルバー世代が3D酔いを起こす可能性を高めるからである。
  • 衣装が少ない。シルバー世代は記憶力が落ちており、あまりたくさんの衣装を実装すると、衣装選択時に一瞬前に選んでいたものさえ覚えられず、延々迷う可能性があるからである。だが、あのインターフェースはもう少し評価されていい

フェイストラッキング[編集]

付属のカメラを接続し適切な設定を施すことで、プレイヤーの嫁がプレイヤー自身をまさしく視認できるようになる機能。視点も連動するので、ヒロインのスカートの中をリアルにのぞけたりのぞけなかったりするが、そんなことはどうでもいい。

キモはプレイヤーがカメラの前から消えたことを検知できるということだ。ヒロインはプレイヤーを見失うとうろたえはじめ、その後30分を過ぎると自動的に119番通報する。これにより、腹上死したプレイヤーが誰にも看取られることなく白骨化した死体となって発見されるという悲劇を防いでいる。ただ、弁慶のように姿勢を崩すことなく亡くなると検知できないのは片手落ちである。

もっと早く通報すれば死ぬ前に検知できるだろうと思うかもしれないが、台湾製安物カメラの精度がイマイチ悪く、誤認識が多い。そのため、これ以上通報までのリミットを短くすると不幸な事故が無視できないほど増えてしまう。

TEATIMEはこの発明の功績により、西神奈川1丁目消防署長賞を受賞した。少子高齢化の進む日本においてはエロゲーマーの平均年齢も徐々に上がっている。ゆえに、プレイ中にユーザーが腹上死する危険性は次第に高まっている。そのため、この分野の需要は今後ますます高まっていくことだろう。

ヒロインがピーチ姫兼マリオ[編集]

パッケージの赤い服、帽子、そして日本人離れした髪の色を見れば、ヒロインがマリオのリスペクトであることは容易に想像がつくであろう。

らぶデスが重い原因の一つは、ハイポリゴンモデルのキャラを一度に複数動かすことにある。そこで思い切って、ピーチ姫役どころかマリオ役までもをヒロインに担当させることにした。らぶデス3では置かれていたモブキャラが一切ないのも軽量化のためである。決して手抜きではない

あ、Hシーンでは男性も出るので安心していい。いつものスパイダーウェブも一応発射できる。

コイン集めと隠し要素[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、クラウド・ストライフはソルジャーではなく一般兵であることや、ダークナイトの正体はレオンハルトであることや、ニズゼルファはウルノーガに下剋上を果たされてしまうことや、エーテル財団の代表・ルザミーネはグラジオとリーリエの母親で、スカル団の実質的な黒幕でもあることや、メルディはバリルとシゼルの実の娘であることや、稲羽市で発生した連続殺人事件の真犯人は足立透であることや、牧瀬紅莉栖を救う方法が存在することや、涼宮遙は事故で三年間眠り続けその間に速瀬水月が鳴海孝之の彼女の座に納まることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、Wiiリモコンやコントローラーを手放さないようにしてください。

マリオといえばコイン集めであり、コイン集めといえばマリオである。TEATIMEといえば鬱シナリオであり、ヒロインの死は当然予想できる。100コインで1アップか…と思いきやこの作品、変わらない日常が延々続くだけでヒロインが死んだりしない。コインは衣装などの購入に使える、とアクションRPGに近いシステムになっている。

16ビット時代というか64ビット時代のマリオでもそうだったが、攻略を見ないと分からないような隠し要素ももちろん引き継がれている。隠し体位どうやって出すんだよ、おい

関連項目[編集]


Mario.png マリオ土管に入れません。
とりあえず早く入れるためにパックンフラワーを倒すか穴をあけてください。
できるだけ早くお願いします。 (Portal:スタブ)
Clay pipe.jpg