Train Simulator

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Train Simulator」の項目を執筆しています。

Train Simulator(とれいんしみゅれえたあ)とは、1995年音楽館より林檎用(決してWindows用ではない)として発売された日本初と言われている本格的鉄道シミュレーションソフトである。鉄オタの鉄オタによる鉄オタのためのゲームソフトであり、一般人向けの電車でGO!ばかりやっているゆとりはまったく攻略できないことで知られている。「TS」という略称で呼ばれることがあるが、どう考えてもtranssexual(性転換)の略でありうわなにをするやめr

概要[編集]

製作元の音楽館がどんな経緯で作ったかはどうでもいいので、ウィキペディアでも観ていただきたい。上記の通り電車でGO!とは違い、より現実的になっているので、賛否両論あるものの結局は鉄オタ向けなので問題は無い。

特徴[編集]

このゲームのシリーズには様々な特徴があり、人気の秘訣となっている。

保安装置や信号も実際に即して再現されている。
きもいほどのこだわりであり、実際の運転士が新人指導用に使うこともあるほどである。このため、本当の育成用シュミレータまで作ってしまったらしい。
「決められた停止位置に列車を停めた際に、対向列車が見えてはならない」というルール
理由はとしては、駅に停車時に対向列車が停まって見えるのは不自然ということらしいが、たまたま同時に停車したということも考えられるものの、基本的にはありえないことなので鉄道会社に圧力をかけて協力してもらって撮影用の列車のダイヤを決めている。
技術の限界から、撮影列車は基本的に一定の速度で走り抜けてもらう必要がある。
実際の運転士に大きな負担をかけているが、そこは運転士魂というか、そこらへんの気合でどうにかしているらしい。
ゲーム中の運転士・車掌の声は必ず実際に担当している乗務員の声を採用している。
残念ながら平野綾とかそういうのじゃない。多分どっかの声優にした方が売れるには売れるんだろうが。
ゲーム画面中の運転台で描かれている計器類等の位置は実際に採寸して作製し、計器類の針の動きも実際に即したものとなっている。
まぁリアルだねうん。で?
電車でGO!との目的の違い
電車でGO!ではいかにあらかじめ設定されたダイヤよりもいかに速く列車を運転し、指定された停車位置からいかにオーバーランさせるかを競うものであるが、このゲームではそんなことはどうでもいいという方針を取っている。走りたきゃ走れ、止めたくないなら止まるなという考えである。そのため減点も無いし、好き勝手できる。が、何もないのでつまらないし、虚無感だけが残るので結果的にそういう腐った行為を排除することに成功している。非常に画期的なシステムである。

発売後の動き[編集]

第一作の中央線とかでは、いろいろと技術の制約があってなんでもない地味な駅の区間を運転するということで秋葉原とかそのあたりでは売れないだろうと予想していたものの、マニアックな駅の選出が逆に鉄オタの目に止まり、それなりに売れた。が、林檎ユーザー向けだったので、これはいかんということでPS2に移植した。

よりリアルなきもい仕様となったTSだが、最近ではさらにきもいリアルな描写をもとめてPS3に進出。しかしPS3の普及度が低すぎるので、今のところ一作しか出ていない。

問題点[編集]

様々な問題点が指摘されている。

実際に即しすぎており、運転が非常に難しい
あまりにもリアルなのでブレーキとかの反応も悪い。が、実際はそんなもんである。電車でGO!プレイヤーがやるとまるで話にならない結果になるのはよく知られている。
映像の解像度が低い
PS3では改善されているが、PS2ではやはり解像度が低い。駅が見えたころには手遅れでオーバーランなんてこともある。
Nayuki.jpg この節を書こうとした娘は途中で寝てしまいました
あとはファイト、だよっ。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情DHMOが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。