UNIX哲学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
PeerReview.png
査読依頼

この記事は査読を求められています。
どうかこの記事を読んで、必要であれば{{Fix}}などの修正系テンプレートを貼り、
問題なければこのテンプレートを剥がして
編集内容の要約欄ノートページに査読結果を書いてあげて下さい。

ウニ

UNIX哲学(うに えっくす てつがく)とは、古代ギリシアで考案された、人間の行動学に関する哲学の一つである。アリストテレスプラトンらによって完成された。

概要[編集]

UNIX哲学は幾つかの定理で構成されており、代表的なものは以下の3点になる。

  • 人はシングルタスクである
  • 綺麗な人にはトゲがあるのさ
  • ウニ最強

各定理の概要[編集]

トゲに注意

人はシングルタスクである[編集]

考えれば分かるが、男性によってそう結論付けられた。男性は不器用である。「一個づつやれ」という、実に簡単でシンプルな教えである。女性はマルチタスクが可能らしいが、そんな事は知らん。

綺麗な人にはトゲがあるのさ[編集]

どんなに聖人のような人でも我慢の限界はあり、切れると剣で突き刺すかのように相手を罵倒する、という有様を何度も見てきたゆえに導き出された結論である。哲学者なら痛いほど分かるはずである。綺麗なバラにはトゲがあるのさ。

ウニ最強[編集]

プラトンがそう述べた時、アリストテレスはこれ以上に纏まっている決めゼリフは無いと感じたのだと言う。結局の所、自衛の手段を固めた時、人はウニのように周囲にトゲを纏う。そして踏まれる事をじっと待っている。踏まれた際には相手の足をトゲで貫く事を狙う。何という地雷。ウニ最強。美味しいし。

その他の特徴[編集]

なんでも3つ1組みにする習性がある。たぶん三位一体もUNIX哲学から生まれた。光の三原色や色の三原色もたぶんUNIX哲学から生まれたとする説もある。

なのでたぶん人格も3つ1組みになっている。というか人間の脳が左脳、右脳、小脳に分類できるのはUNIX哲学から誕生した証と見る動きもある。

3種類のシステム[編集]

人間の作るシステムは3種類に分類できるという説も含まれており、システム開発において重要視されている。

第一のシステム
必要に迫られ追い詰められた人間が、開発に時間を使う暇も無く構築する研ぎ澄まされたシステム。
性能が高く優れており、第二のシステムが生まれる原動力になる。
第二のシステム
第一のシステムを見て刺激を受けた人間達によって構築される、無駄の多いシステム。
できる事は多くなるので市場には歓迎されるが、使われない機能が多く無駄が多く、ベンチマークは優れない。
例としてはウィキペディアンなど。
第三のシステム
第二のシステムの遅さに嫌気が差した人間達によって構築される、無駄の無いシステム。
開発に時間を使い、第一のシステムと第二のシステムの良いとこ取りをしたシステムになる。
例としては元ウィキペディアンなアンサイクロペディアンエンペディアンなど。

製品開発においては試作品を複数作る事で第三のシステムに到達させる事が重要というのがUNIX哲学の真髄であり、アンサイクロペディアで個人的な実験を重要視する理由となっている。

ことわざ等[編集]

素人は黙っとれ
ユーザーフレンドリーな態度は相手をつけ上がらせ、常にフレンドリーである事を要求されてしまう事がある。特に言う事が無い時は黙る事を覚えるべき、ということわざ。
混ぜるな危険
一度混ぜてしまうと分離は困難。必要な時に必要な分を混ぜて使え、ということわざ。砂糖と塩でも混ぜて保管すると危険である。
シンプルさを追求しろ
付け加えたい欲求に負けるな。スモール・イズ・ビューティフル。大きいと針の穴を通れなくなるということわざ。大きいのが必要な時は小さいのを組み合わせて使える。小ささを維持しろ、という意味。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「UNIX哲学」の項目を執筆しています。
この項目「UNIX哲学」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。