USBメモリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「USBメモリ」の項目を執筆しています。

USBメモリ(ユーエスビーメモリ)とは、USoBakkari(嘘ばっかり)メモリのである。

USBメモリの中身

概要[編集]

データの記録にはフラッシュメモリが使われていて、容量は数メガバイトから最大1テラバイト(2014年現在)まで様々な容量のものがある。しかし、日本政府は秘密裏に1PB(1PB = 1000TB)のUSBメモリを作っている。けれど、いくら容量が大きくてもあんな人こんな人みたいな力は手に入らないことに注意。

それでもUSBメモリには思い出も一緒に詰め込むことができる。

  • 8GBのUSBメモリ - 1000円
  • 思い出は - priceless

ただし、買えるものはマスターカードで

よくある事[編集]

誰でも一度は経験がある。人によっては1日1回以上の頻度で起こる。
  1. キャップを外して入れようとする。
  2. 入らない
  3. 逆にして入れようとする。
  4. やっぱり入らない。
  5. もう一度逆にして挿さるか確認する。
  6. 結局最初の方向であっていた。

このためUSB は「裏返しても挿さんねーよバーカ(Uragaeshitemo Sasanneyo Baka)」の略であるとも言われる[要出典]

家電量販店の人なら経験があるかもしれない。
  1. 大阪のおばちゃんが来る。
  2. これは容量が少ない、これはサイズが大きいと文句を言う。
  3. スタッフに当たる。
  4. 店内がうるさくなる。

このためUSB は「うるさいババァ(Uru Sai Baba)」の略であるとも言われる[要出典]

使用方法[編集]

  • パソコンにさして使う(古いパソコンはあれがまだ未熟なのでインストールアーン♥♥を使ってアーン♥♥をかぶせる)
  • アーン♥♥にさして使う(ただし周囲の気配には気をつけること)
  • (激しく咀嚼できれば)食べられる

原理[編集]

USBメモリは魔法の力で動いています。けれど、魔法の力が今ピンチです。みんなの魔法を信じる気持ちがなくなってきているのです、このままでは世界中のUSBメモリが消えてみんなのロリ画像なども一緒に消えてしまいます!どうか皆さん大人になっても魔法を信じる気持ちをなくさないでください!

関連項目[編集]

NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
USBメモリの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)