UnBooks:さるかに合戦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

序章[編集]

とある晴れた日のことである。海を眺めておにぎりをほおばるカニの姿があった。

「これから生まれてくる子たちのために、たくさん栄養つけなきゃ。」

カニはのんびりくつろいでいた。

そこにサルがやってきた。

「カニさんよぉ、この柿の種とおにぎり、交換しないか?柿を育てりゃうまい実が食べ放題。悪くないと、思うぜ?」

そういうと、サルは一方的に勝手に交換して、立ち去ってしまった。

「仕方ないなぁ。でもおにぎりはまた作ればいいもんね。」

カニはとりあえず、柿の種を植えることにした。

暗転[編集]

ほどなく、子供が産まれた。

柿が大きくなるにつれて、子供達もたくましく、成長した。

「母さん、柿の実が成ったよ。早速食べてみよう!」

柿の木のもとにいくと、サルが勝手に柿の実を食べている。

「サルよ、その柿はかつて、母さんに譲った柿の種から育てた柿だ。勝手に食うとは何事か?」

カニの子達は怒り心頭である。「よお、カニども。お前らこの木に登れるのかよ?ああ?」

サルは強気だ。そして、あろうことか、未熟な実をもぎ取り、カニの母めがけて、投げつけた。当たりどころが悪く、母の体は砕け、絶命した。

出現[編集]

「サルよ…なぜそこまでしなければならない?命まで奪う必要がどこにある?覚えていろよ」カニ達は復讐を誓った。

そこに簡単に味方が現れた。

「その話、俺をのせてくれ。報酬は、この因縁の木がいい。安心しろ。毎年いくつか実を提供する。俺は殺し屋だからな。」

すると、殺し屋はすぐにサルの後を追った。

ほどなく、血達磨になったサルをを殺し屋が連れてきた。

「カニ達よ。このサルで間違いないか?」

「いや、違う。こんなに整った顔はしていない。」

ハサミでサルの頬をスーッとなぞると、血がにじんだ。

「フフフ、たしかこんな顔だったかなぁ?」

カニ達はサルの耳を削ぎ落とした。

ギャァァァァァ!

「殺し屋さん、このサルは違うから鍋にする。一緒に食べて、例のサルを探そう。」

罪なきサルは鍋にされ、その生涯を閉じた。鍋の中で上げた断末魔は、海にむなしく、鳴り響いた。

連鎖[編集]

殺し屋が次につれてきたサルを見て、カニ達は言った。

「尻尾がなかったなあ。そう、こんな具合にね」

そのまま、つれてきたサルの尻尾を切り落としてしまった。

ギャァァァァァ!

サルが悲鳴をあげる。

「よぉ、サル。お前らの仲間には俺達カニがさんざん世話になったからな……たっぷりお礼をさせてもらいますよ」

大きなハサミで、サルの顔面を殴った。

「殺し屋さん、このサルはゆっくり食べるとしよう。申し訳ないけど、また探しましょう。」

集結[編集]

殺し屋がサルをつれてきた。

「よお、こいつが最後のサルだ。もうここら辺にはサルはいないぜ」

「ちぇっ、じゃあ、こいつ、ってことにするか」

「久しぶりだなぁ、クソザル。お前の顔はいかにも醜い」

カニはサルの目を一つ。えぐり出した。

ギャァァァァァ!

「一つは残してやる。お前には母さんの気持ちがわかるようにな。」

カニ達は、サルの耳をゆっくり切り取った。サルが悲鳴をあげる。

ギャァァァァァ!

次にハンダゴテを使い、サルの額を焼いた。

ギャァァァァァ!

皮膚の焼ける匂いが母への供養だ。

ゆっくりゆっくり…。額にバカと書き込んだ。

ギャァァァァァ!

サルは悲鳴を上げ続けた。ほどなくサルが気絶した。しかし、カニはサルの指の爪をハサミではがした。サルが絶叫とともに意識を取り戻した。

「おい、サル。何か言ことあるだろ?」

しかし、もはや、会話にならない。

「ちぇっ、話にならないや」

サルは縛り付けられたまま海に放り込まれた。

こうして、サルは絶滅し、カニ達は平和に暮らしたのであった。