UnBooks:とある帰路にて

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

どうして…どうしてこんなことになってしまったのだろう?私は…こんなところに座って、何をしているのだろう?

私は自問自答した。一体、何故私は。ここに、このカウンターに、腰かけているんだろう。

ほんの少し前の事だった。

私はDという商社のセールスマンをしている。普段は残業も多く、遅くに帰るのだが今日は珍しく早く帰路につくことができた。

そのようなことはあまりないので、久々に会社帰り、外食に赴いたのだ。

高級店などあまり行ったこともない私は、身の丈に合った、そこそこ小奇麗程度の和食の店に入ったのだった。

それが間違いだった。

中に入ると、和服の女将らしき人物が出迎え、私をカウンターへと誘った。

思ったよりも高級だったかな、と少し財布の中身を気にしつつも、女将に誘導されるがままカウンターについた。

すると、女将はそそくさと裏に引っこみ、カウンターの前に厳つい顔の男が現れる。

「お客さん、一見さんだね?うちの店にゃあ珍しいが、ゆっくりしてってくれや。どうだい、何にする?」

厳つい顔の男は、とても商売人とは思えぬ台詞を吐いた。高級店というものはこういうものなんだろうか?

私は同様しつつも「おまかせで」と、店のおすすめを頼んだ。おすすめならば、外れもないだろう。

財布もきっと大丈夫、いざとなったらカードだってある。

そんなことをのんきに考えていたが、今思えば私はそんなことよりも素早く店を出るべきだったのだ。

おまかせを頼むと厳つい男は「おい野郎ども、おまかせだそうだ!」と厨房のあるらしい店裏に向かって叫んだ。

そして次に私は、耳を疑った。

「おまかせだからよ、光もん出せや!」

光り物、そしてこの厳つい風貌。私は、激しく後悔した。

よく聞けば、奥から小さく『シュッシュッ』と、何か刃物を研いでいるらしい音が聞こえた。

私の頬を冷や汗が垂れる。

そして、怒号。

「てめぇ何年いやがるんだ!そんなんで殺れるかってんだ!」

「ひぃ、す、すまねぇ兄貴ぃ!」

そんな台詞、Vシネマくらいでしか聞いたことがなかった。

逃げなければ、と思ったが失敗すれば危うい。

そこで私は、携帯電話をいつでも警察にかけることができるよう、セットした。

刃物を研ぐ音、罵声、光り物。

私はとてつもなく、恐ろしい。どうして、何故、私はこんなところに座っているのだろう。

このまま、私はドスで刺されるのだろうか。独身だし恋人もいない。嫌だ、そんな人生で幕を閉じるのは。

青白い顔をしながら、携帯電話を握りしめる私の前に、突然「カツッ」と、子気味のいい音と共に小さ目な皿が置かれた。

「コハダ一丁!」

厳つい顔をした男は、私に笑いながら言った。