UnBooks:笠地蔵

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

とある山のふもとに、老夫婦がいた。生活は困窮しており、翁はやっと笠を作り、街へ売りに行った。 しかし、笠は全く売れず、絶望し、翁は呆然とした。 最後の気力を振り絞って帰路につくと、地蔵が雪まみれになって立っていた。 その地蔵の頭に、鳥の糞が落ちてきた。 翁は笑った。笑い転げた。のた打ちまわった。 そのテンションで笠を燃やして暖をとり、なお、笑い転げた。そしてかえってきた翁はおうなにことの次第を話した。 おうなは笑った。笑い転げた。のた打ちまわった。 この、小さな幸せを肴に酒を飲み、落ち着いて、眠った。

その夜のことである。 扉がぶち抜かれた。 敵は全部で6体。あの、鳥の糞をかぶった地蔵だった。 「おめーら笑いすぎ。ちょっとツラ貸せよ」 なんと、地蔵達は老夫婦の家にカチコミを仕掛けたのだ。

翁が地蔵を殴りつけた。しかし相手は石像である。 翁の拳が血だらけになって砕けた。 地蔵は飛び上がり、翁の脳天を砕いた。脳漿をぶちまけた翁に立ち上がる力はなく、絶命した。 おうなは包丁で地蔵を刺した。しかし、包丁は折れてしまった。 おうなのミゾオチに地蔵の頭突きが決まった。 「光もの、振り回してんじゃねぇよ、ババア。」 さらに地蔵はおうなの顔面に頭突きした。 鼻血を垂れ流しながら、逃げるが、地蔵に囲まれて、全身を踏みつけられた。骨が砕ける音は軽快に、筋肉がつぶれる音は鈍く、内蔵をぶちまけ、おうなは死んだ。 「きたねえ小屋だ。燃やしちまえ」 地蔵は老夫婦の家を焼き、暖をとり。はじめて笑った。 笑い転げた。 のた打ちまわった。 そして、地蔵は去って行った。 しばらくして、老夫婦の息子がやってきた。誰にやられたかは知らないが、足跡がある。 たどって行くと、地蔵があった。その地蔵の額には鳥の糞がついていた。 そして、何体かの地蔵には血痕があった。 息子が地蔵を観察すると…。 「なにガン垂れてんじゃ、クソガキ」 地蔵がしゃべった。 「そうか、わが両親を殺戮した犯人がわかった。」 そして、息子は足早に立ち去った。

ほどなく、20人ほどの友人を引き連れ、ヘルメットにニッカボッカを装備した集団である。石にとっては恐ろしいであろう、アスファルトフィニッシャを3台使い仕返しをはじめた。

つるはしで地蔵をガンガン突き刺した。砕けた破片をフィニッシャがプレスしていく。 大型のハンマーで殴りつければさすがの地蔵もたたらを踏む。重機集団は地蔵を粉々に粉砕し、両親のかたきを取った。 そこへ、声が聞こえた。 「ナウマクサマンダ、ボダナンオン、バサラ、ダトパン!」 奈良の大仏の5倍はあるであろう、観音像がやってきた。 舗装車を蹴飛ばすと、彼方まで吹き飛んだ。 今度は息子が、アスファルトフィニッシュしてしまった。 神を敵に回した、老夫婦とその息子は末代まで不運にみまわれた。めでたしめでたし。