UnNews:「あんこ力士」の取り組みと部屋への所属を禁止、衆議院が法案可決

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【ライター通信】

4月7日、衆議院であんこ力士(太り過ぎの力士)の活動を禁止するとともに、該当する力士の部屋への所属を禁止する法案が可決された。違反した力士は、ちゃんこ鍋を食べることを最大1年制限される。同時に、相撲雑誌等でのあんこ力士を礼賛・容認する記事の掲載も禁止される。これは近年高まっている、肥満を批判する世論の高まりに配慮したものと思われる。

角界において、あんこ力士は伝統的に理想の歴史像とされていた。しかし、近年では動きの素早い軽量な力士があんこ力士を圧倒する場面も多くみられ、また自らの重量による膝や腰の故障で引退する力士も増加傾向にある。また「メタボ≒悪」、「肥満≒悪」という風潮にあわせた、肥満の抑制をすすめる意図がこの立法にあるようだ。

今回の立法について、街では「肥満の減少によって医療費を抑制できればよい」、「太った力士同士の取り組みは見苦しいと思っていた」などという肯定的な意見もみられる一方、「ちゃんこ鍋を食べられない期間が一年では長すぎる」、「ちゃんこ業界への打撃を考慮しないのか」という批判的な意見もみられた。

なお、この法案は今通常国会中に参議院でも可決され、成立する模様だ。この法案の成立をもって、西前頭筆頭のI力士(体重202kg)が角界から引退することは確実視されている。

関連リンク[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ