UnNews:「やられたら、倍返し」がいじめの決め文句に

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【ア通信 2013年10月4日】

やらせを疑わせるほど高視聴率に踊るTBS系列の銀行ドラマ『半沢直樹』の主人公が口にする決め文句「やられたらやり返す、倍返しで」が、全国のいじめっ子たちの決め文句として大流行していることが、学校裏サイトの調査で明らかになった。この言葉を吐きつけておくことで、加害者のはずの自分たちを「かわいそうな被害者」の方に置けるようになることが人気の背景だという。

ドラマでは、上層部からの不条理に立ち向かうための決め文句として、この言葉が発される。しかし、銀行関連のストーリーなど理解できるはずもない子供たちにとっては、この決め文句だけが脳裏に残ることになった。そして彼らは、「やられたら、倍返し」という言葉を「あいつは俺たちの空気を乱した。つまり、あいつは俺たちをやった。だから、倍にして報復してやる。ざけんなよ。やられたら、やりかえせ」という意味で捉え、実際に身体暴力を加えられた訳でもない相手に攻撃を加えるための決め文句に転用した。

しかし、事情をよく知らない先生たちからみると、一方が「やられたら、やりかえせ」といういじめ撃退の必殺技を出していることから、「攻撃されている方がいじめている側なのだな」ということになり、結果的に加害に加担することになる。その結果、攻撃した側は「被害者」として学校中の同情を買うことが出来、先生からも褒められるのに対して、攻撃された側は「いじめっ子」という不名誉極まりない称号を着せられた上、内申書の点数まで下げられ、将来に禍根を残すことになる。正に、空気を少し乱したという根拠不明の罪により、倍返しされている訳だ。

ある裏サイトには、「やられたら、倍返し」は「ざけんなよ」に匹敵するいじめ翼賛の神文句いう表現まで踊っており、今後のさらなる調査が待たれる。

関連項目[編集]

十大バ科ニュース

この記事は2013年十大バ科ニュースにて第八位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ