UnNews:「人生を初期化したい」 iPS細胞に問い合わせ殺到

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2012年10月8日 目経新聞】

京都大学山中伸弥教授(50)が「iPS細胞」でノーベル生理学・医学賞を受賞したことについて、各方面から問い合わせが殺到している。

一度分化した体細胞に初期化因子を投入して細胞を初期化することで出来るiPS細胞は、これまでの生物学の常識を覆した発見であった。2006年の発見当時は高齢者への適用は難しいと見られていたが、2011年にフランスの研究チームが山中氏の手法をベースにして74歳~101歳の被験者の細胞を初期化することにも成功。iPS細胞は対象年代を問わない医療法になり得る事が期待されるようになり、山中氏の2012年ノーベル賞受賞に繋がった。

山中氏の元には既に各企業や研究機関などからの問い合わせが殺到しており、再生医療だけでなく、化粧品や食品、不妊治療など様々な方面への応用が期待されている。これまで困難とみなされていた細胞の「初期化」の実現があらゆる方面にとって魅力的であることを示している。

ところがその「初期化」というフレーズがひとり歩きし、山中氏に対して「人生を初期化したい」という問い合わせも相次いでいる。

実際、若年期は「神童」と呼ばれていたが色々あってニートになり人生オワタになってしまった大量の2ちゃんねらーや、終身雇用目当てで就職したのに年内のリストラが確実視されているシャープNECの社員、今年Facebookで獣姦嗜好を暴露された上にブログ上でポエムを披露して「地雷女」と化した女子バドミントン選手に捕まった柏レイソル所属の某サッカー選手、そして盗撮と薬物の不祥事を連発してネ申とまで崇められるようになった某サングラス系タレントなどから「人生をやり直したい。iPS細胞を作製するメソッドを応用すれば人生の初期化も出来ると聞いたが本当か」と切羽詰まった問い合わせが来ているという。

これらの問い合わせに対して、山中氏は「自ら命を絶って魂を初期化するほうが早いと思います」と一蹴している。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

関連項目[編集]

関連リンク[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ