UnNews:「安倍晋三は今すぐ辞めていいとも!」アルタ前に安倍晋三氏の芸能界入りを熱望するファンが殺到

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【安西通信】 21日、安倍晋三首相が現役の首相として初めて「笑っていいとも!」に出演する事となり、アルタ前には普段よりも多くの目立ちたがりや野次馬などの有象無象が殺到した。

その中でも一段と目を引くのが「安倍晋三は今すぐ辞めていいとも!」というプラカードであり、一刻も早く首相など辞めて芸能界入りを果たして欲しいという想いが綴られていた。これはよりお茶の間に近い存在になって欲しい安倍首相のファンによる熱烈なラブコールであり、クイズ番組コントなど政治家でありながら多数の実績が後押しする形となっている。また、その他にも「辞めろ 帰れ」と書かれたプラカードを掲げる人や「いいともに出ている場合か!」と民主党議員が発言するなど、安倍首相の多忙を心配する声が上がり安倍首相の人気ぶりを示す結果となった。

安倍首相は放送内にて「ボキャブラ天国のファンだった」「タモリは無形文化財」と発言するなどのリップサービスを行いお笑い界へ興味を示し、発言後のコーナーでもタモリと会食を行うなどグルメリポートもこなせるマルチタレントぶりをアピールした。残念ながらテレフォンショッキングによる友人紹介のコーナーは既に終了していたため麻生太郎氏の出演は無かったものの、安倍首相とタモリによる軽快なトークで会場は沸き立ち喝采の中カーテンコールを向かえた。

放送内で安倍首相が見せた数々の才能に加え、番組中タモリが安倍首相に自身を「首相動静」に載せて欲しいと頼み込むなどブロガーとしての才能もあり、首相としての任期切れ以降「業界人としての安倍晋三」が見られるかどうか注目が集まっている。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ