UnNews:「新聞は生活必需品」消費税軽減税率の対象へ政府検討

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
一般的な新聞紙。

【売売新聞】

政府は、将来の消費税10%への増税に向けて、食料品などと共に新聞を軽減税率の対象とする方針をまとめた。

「新聞は生活必需品」新聞各社、魂の訴え[編集]

消費税増税による低所得者への負担増を緩和するため、政府与党はこれまで将来の軽減税率導入に向けて検討を続けてきたが、その適用範囲を巡っては様々な意見があり、統一的な見解を打ち出すことができなかった。そんな中、増税の旗振り役である読売新聞を始めとする新聞各社は、新聞に軽減税率を適用するよう繰り返し主張してきたが、その努力が実を結んだ格好となった。

もともと、新聞が軽減税率の対象となる「生活必需品」であるかの判断は、非常に微妙なラインであり、ネット上には否定的な論も多く存在していた。しかし、政府が新聞に先立って、トイレットペーパーへの軽減税率の適用を決めると、流れが大きく変わった。新聞各社は、新聞紙が巷で「便所紙」と呼ばれてきた実績を大々的にアピールし、「同じ便所紙なのに何故うちは適用外なのか」と主張する一大キャンペーンを展開。また、ペットの糞の始末や窓掃除、鍋の油とりなどにも活用できる点を挙げ、新聞紙がいかに国民生活に密着しているかを連日のように主張した。この圧力に屈した政府はついに新聞を生活必需品だと認めたという。

一方で、「新聞は水に流せない」と、便所紙としての致命的な欠点を指摘する声も根強くあった。これを受けて新聞各社は今後「水に流せる紙面づくり」にも力を入れていく予定である。

ある新聞社幹部の話[編集]

我々の取材を受けた新聞社の幹部は、次のように語った。

「世の中には新聞などはもう要らない、ネットで十分だ、と言う人が居ます。でも私はそういう人にこそ言いたい。『スマホで尻が拭けますか?』」

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ