UnNews:「板書にも著作権はある!」高校教師が生徒を提訴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2012年2月22日配信】

α氏作の板書の一部。事前にα氏から転載の許可を頂きました。
β君作のノートの一部。α氏作の板書とほとんど似通っている上、一部が改変されていることが分かる。

福岡県は22日、県立高校勤務の数学科の教諭α氏(28)が、同高校の当時高校2年生の生徒から自身の著作物を不当に改変されたとして、先月9日に福岡地裁に提訴していた、と発表した。

関係者の話によると、α氏は2010年7月27日の夏期講座中に、練習問題の解法を板書した。その中で2問ほどミスがあったのだが、生徒は誰も気付かずに授業は終了。その後復習をしていたβ君(17)が間違いに気付き、ノートを訂正した。このときβ君は「同級生はこれに気付かずにテスト前一生懸命暗記するのか。何か可哀想だな。そうだ、先生の板書はただ答え書いてあるだけで、なぜそうなるのか理由が書いてなくて分かりづらいから、ついでに書いておくか」と思い、自らのノートをコピーして8月18日の出校日に同級生に配布。ところが後にα氏が、生徒全員から回収した数学ノートの中にコピーが紛れ込んでいるのに気付き、すっかりメンツを潰されたことに激怒。そのコピーを破り捨てた上、β君に対して「私の著作物である板書を著作者である私に断りなく改変し、不特定多数の人間に配布した」などとして15万6000円の損害賠償を請求する民事訴訟を起こしたという。

本紙がα氏に取材を申し込んだところ、「私の板書を不当に改変された。私が解説を書かなかったのは生徒自身に考えて欲しかったからだ。それを無知なアホに私の板書を書き換えられたので頭にきた」と話している。また、1年半前の話をなぜ今になって蒸し返したのか尋ねたところ、「俺の著作物に関する訴訟はいつやろうが俺の勝手。β君が卒業する直前というタイミングを狙っただけだ」と話している。

なお、この件に関して同級生のγ君(16)は、「著作権についてよく知らないけど、このノートを暗記していたおかげでテストで高得点が取れました。β君には感謝している」と語った。


十大バ科ニュース

この記事は2012年十大バ科ニュースにて第八位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ