UnNews:【論説】情報元の詳細を明らかにしないことによる幸福の増加

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2009年5月15日 アンサイクロペディア情報工学部】 毎日新聞が、<iPod nano>都内で火花が出る事故…経産省発表洗面台:発煙・発火でリコールといった記事を発表した。これらについて、さまざまな反響が寄せられている。

このニュースに用いられた情報の出所は、こちらの経済産業省:消費生活用製品の重大製品事故に係る公表についてである。毎日新聞の記者はこの情報を分割し、ニュースの大元のページを示さないことにより記事を複数作った。これについて、記者はなぜそのような方法を取ったのだろうかという疑問の声がある。

それに対し、記者は「情報元の詳細を明らかにしないことにより、幸福は増加する」と回答している。

私たち記者が常に人々の幸福と安定を旨として記事を執筆しているからに他ならない。

人々は大量の一次情報に触れるとあまりに刺激が強すぎ、不快感を催したり、時にはPTSDとなってしまうことがある。

多くの人がインターネットを通じて政府機関やその他の情報元にアクセスできるようになった現在、そのような危険な情報に自らアクセスせずとも情報をとることができるようにすることは私たち記者の使命であると考えている。

記者がフィルターとなれば一般市民が古きよき時代のように一次情報から保護され広告も印象がよくなり、心が安定し消費活動が活発になりすべてがよい方向に進む、これが幸福の増加である。

ソビエトでは生活が貧しくても人々の幸福の度合いは高かった。なぜなら政府が一次情報から一般市民を守っていたからである。

これは、政府の情報統制が副産物として生み出したものであり共産主義国家であるため、私有財産を保有することによる物質的豊かさを得ることはなかったが人々が幸福であるということは、その不利益よりもはるかに大きな利益を得ていたことになる。

インターネットにおいて記事を執筆するものは自らもメディアの担い手として一次情報から一般市民を守ることを念頭に入れておいて欲しい。

これは記者の回答の全文であり、一部の過激派共産主義者やアンチ共産主義者らに配慮した内容となっている。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ