UnNews:かつらが飛ばされラーメンに

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2009年7月18日配信】

昨夜17時ごろ、東京都内某所の中華料理店「神の味」にて、クーラーの風により客のかつらが飛ばされ、それが別の客のラーメンに入るという事件が発生した。

目撃者の証言によると、店内のクーラーが強すぎたため男性客(71)の真っ白なかつらが飛ばされ、それが入ったラーメンを誤って食べた女性客(62)が喉に詰めて窒息し、病院に搬送されたという。当時の女性客は気絶していたが、現在では病院で治療を受け意識も回復しているようだ。これについて女性客は、記憶は曖昧なものの「神の味のはずがいつの間にか髪の味になっていた。」とコメントしている。

一方、かつらを飛ばされた男性客は「大勢の客の前でかつらを飛ばされ、大恥をかかされた。名誉毀損で訴えてやる。」とコメントした上で、後日同店を起訴する予定だ。女性客は同店と相談して損害賠償を受ける形で和解する予定だったが、店長は反省の色を見せず男性客に暴言を吐いため交渉は決裂し、業務上過失傷害罪で同店を起訴するとの決断に至った。さらに、その店長の暴言に対し男性客は、「世界中のハゲを敵に回したな。」と侮辱罪でも起訴することを決め、事態は複雑となっている。

中華料理店「神の味」は、2008年秋に店舗がTOKYO一週間で紹介されて以来、毎日行列ができる人気ラーメン店となっている。ラーメン専門家としても知られる落語家、林家木久扇さんは、神の味のメニューが自家製の極細麺に絡み合う真っ黒な濃厚醤油スープが決め手の「黒ラーメン」を中心とした構成であったことがこの度の大惨事につながったと分析している。また、を自称する店長のキャラ某インターネット掲示板で話題を呼びんだこともあり、そのためか早くも同掲示板が炎上している。

Makesophia.gif
執筆初心者のために、先輩風を吹かしたアンサイクロペディアンが「記事の書き方」を発表しています。
UnNews Logo Potato (No text).png 誤報コンテスト最下位
本項は第2回誤報コンテストに出品され最下位を受賞しました。お見事!


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ