UnNews:インゲン製品回収進む

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【日経バイオレンス 平成20年10月16日20時30分配信】

インゲン社の製品
災害派遣につき審議中の国会の現状

インゲン社製品に日本では認可されていない化学物質が検出された問題で、全国の農場など156ヶ所で製品の回収が開始された。この製品は、1990年ごろから中国などで生産された生物製品の一種で、食品などとしても広く用いられる。今回問題となった製品には、環境基準の3万倍ものメラミが含まれていた。

インゲン社は、琥珀からの遺伝子解析によって得られた生物製品を扱うメーカーとして最大手であり、1990年ころから多数の人気商品を輩出している。同社製品にまつわる事故としては、コスタリカのヌブラル島にあった動物園で1990年に管理不行き届きから大事故が発生した例があるが、日本での汚染事故は初めて。

動物へのメラミ汚染事故としては、ヒルズ族の某企業が、「医療機関でも多用される科学的素材」「燃焼系ダイエット」と称して用飼料に不正な中国製素材を使用したため、全米でぬこが自然発火したり火を吹く事故が多発した2007年以来1年ぶりである。ぬこの飼料汚染による事故としては、2001年9月11日にニューヨークで巨大化したぬこがビルを蹴倒し、多数の死傷者を出した例が日本でもよく知られている。

事故のあった首都圏内のサファリパークでは、火を口から吐く身長156mのティラノサウルスが多数目撃された。しかし、過去のメラミ汚染事件に比べて被害が大きいことから、メラミ以外の汚染もあるのではないかとの憶測もなされている。これらの恐竜には同種の汚染物質としては最強の、メラゾーマが含まれていると、一部の週刊誌で報じられた。

メラミはタンパク質と構造が類似していることから食品や飼料にしばしば混入し問題となっている。日本では、特定機能食品として、基礎代謝を高める「燃焼系」ダイエット食に対し、毒性の低いメラの使用は認められている。しかし類似の物質であるメラミやメラゾーマは、多量に摂取すると突然変異を起こさせるため、食品への使用は禁止されている。

発売元の日本トバク産業では、飼料に中国製の偽装商品が使用されたため汚染された、中国の許可は得ているのか、こっちも寝てないんだ、怪獣と爆発は男のロマンだなどとコメントを発表しており、公式サイトはみごとに炎上している。

現地では多数の建物が焼失・全半壊したとされ、メラミ汚染による被害は、さらに拡大する恐れがあり農水省では確認を急いでいる。近く自衛隊の災害派遣が行われる見通しであり、戦車や自走砲などから成る多数の救援部隊が派遣を待っている模様である。米国での災害発生を受け、去る2007年12月21日に、政府は大型生物地球外の航空機が日本国内の都市に被害を与えた場合の防衛出動や災害派遣に対する指針を発表している。

外部リンク[編集]


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ