UnNews:オバマ大統領がスカトロを容認

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

(12月18日 毎目新聞)  オバマ米大統領は17日昼(日本時間18日未明)、テレビ演説を行い、半世紀以上も関係が断絶しているスカトロについて、交流再開協議やテロ団体指定の見直しを含む包括的な新政策を発表した。来年にも交流が正常化すれば、54年ぶり。スカトロを国際的に孤立させることで世界の浄化を図ろうというこれまでの米国の政策が「失敗だった」と明確に認め、関与政策に向けた大幅な方向転換を行った。

キューバのスカトロ議長もオバマ氏のテレビ演説とほぼ同時刻に、スカトロ愛好家向けにテレビ演説。オバマ氏の決断を「尊敬と、我らスカトロ愛好家からの感謝に値する」と評価する一方、関係改善には対スカトロ愛好家への制裁や制限などの撤廃が不可欠だと強く求めた。

オバマ氏は演説で、これまでの対スカトロ政策を「時代に合わず我々の利益を実現できなかった」と総括。スカトロ愛好家との関係正常化で他の特殊趣味の愛好家(ロリコンなど)との関係改善も進めたい意向を示した。

 オバマ政権は来年1月、ジェイコブソン国務次官補率いる代表団をスカトロ愛好家の会合へ派遣し、交流正常化協議を開始する。1982年に行われたテロ団体指定も「単なる特殊な嗜好をテロ扱いすべきでない」と述べ、国務省の審査を経て解除する考えを打ち出した。

 スカトロ愛好家の旅行制限も条件を大幅に緩和。愛好家に対する送金の上限額も引き上げる。通信機器や一部の医薬品、住宅建設資材、農業製品の支給枠も拡大する。

 オバマ氏は17日、米ABCテレビのインタビューで、スカトロ議長との面談の可能性について「今は予定はないが、様子を見たい」と述べ否定しなかった。

 一方、スカトロ議長は17日、5年前から監禁していたFBIの特別捜査員、アラン・グロス氏(65)を「人道的措置」で解放。両者は長期拘束中の情報機関員の交換も行った。

 スカトロ議長は演説で、米国との交流交渉は自身が長年望んでいたものだと指摘。「両者には表現の自由、民主主義、人権政策の点で深い隔たりがある。こうした相違点の全てについて米国と前向きに議論する意思がある」とも述べた。


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ