UnNews:オートファジー機能で日本人、ノーベル賞を次々捕食

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2016年10月3日15時 臼木径済新聞発表】 2016年にもついにノーベル賞が選定される時期に入る中、さっそく10月3日、ノーベル医学・生理学賞に東京工業大学の大隅良典氏が受賞した。その内容こそが、オートファジー機能であった。

オートファジー機能とは細胞が行う世界有数の身勝手な行動であり、細胞が栄養不足に陥ると生物内のたんぱく質をつまみ食いするというものである。大隅教授は自らが研究中に空腹に陥るとスナック菓子をついついつまみ食いしてしまうことから着想を得たそうだ。昭和の終りに酵母菌から研究を行い、教授がつまみ食いをして予算を浪費しながら、ついには我ら人間においてもオートファジー機能があることが確認された。生物には全てこの機能が基本的にあると考えられており、その新しい基礎知識として高校生の頭を痛めたとノーベル賞選考委員会が高く評価をした。大隅教授は「またとない栄誉である」とコメントしているが、そのコメントをする際もスナック菓子をつまみ食いしていたという。

ところで、2016年のこの受賞により、2000年~2002年以来の3年連続受賞を達成。遂に受賞者も20人を越えたことにより、日本もノーベル賞輩出国の一端となった。専門家によれば、「現在の日本にはノーベル賞に対しオートファジー機能が作用しているのではないか」としている。オートファジー機能は前述のとおり栄養不足においてつまみ食いを行う行為である。世界を轟かせる勲章は少ないために日本人は燻ってくすぶり続け、2014年よりオートファジー機能として多数の受賞者を排出しているものと見られている。2016年も頭角を現し、これに続いて様々な賞をつぎつぎつまみ食いしていけるか、注目されている。


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ