UnNews:ギリシャ経済混乱、デモで死者も

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

2010年5月7日アテネ支局配信】

ギリシャ経済の先行き不安により、世界各地で同時株安が進行している。

ギリシャ国内では昨日も緊縮財政案に反対するデモ隊と警官隊が衝突し、銀行に火炎瓶が投げ入れられ炎上、銀行員三名が死亡するなど混乱は深まっている。ギリシャの指導者であるアガメムノン氏は「暴力に屈する事は無い、緊縮財政の方針は継続する」とコメントを発表。同国の知識人の間ではこれに懐疑的な声も出始めている。

「現在のギリシャが置かれている立場を大変憂慮する、それよりも私は自分の妻について憂鬱な気分なのだが」と発言したのは、著名な知識人として知られるソクラテス氏。一方でソクラテス氏が若者を堕落させたから、現在のギリシャの惨状があるのではないかという指摘もある。同国の作家として知られるアリストパネス氏は、ギリシャの指導者達や知識人達は何も理解しておらず、その姿こそ滑稽であると皮肉っている。

ギリシャ情勢の先行きは不透明感が拭えない状況である。

外部リンク[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ