UnNews:トレンドマイクロ、新サービス開始

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ウイルスバスターでお馴染み、セキュリティ企業トレンドマイクロ社が新サービスを開始したことが、明らかになった。

その新サービスというのが、Apple社のPCMacintosh向けに開発された、「ユーザーデータの収集・送信ソフト」。一般的に「スパイウェア」と呼ばれるソフトだが、これがセキュリティソフトのパイオニアであるトレンドマイクロから発売されるのは異例で、今後の情報社会のさらなる発展が期待されている。

(続報) トレンドマイクロ社の新サービス開始に伴い、Apple社が運営するApp Storeは、トレンドマイクロ社のセキュリティ関連ソフトの公開を一時停止した。

公開停止されたソフトは、以下の通り。

  • (個人向け)
  • ウイルスバスター モバイル
  • パスワードマネージャー
  • ウイルスバスター for Home Network
  • ウイルスバスターマルチデバイス月額版
  • ウイルスバスターモバイル月額版
  • ウイルスバスター+デジタルサポート月額版
  • パスワードマネージャー月額版
  • フリーWi-Fiプロテクション
  • (法人向け)
  • Trend Micro Mobile Security

(以上、全てiOS向け)

突然の発表にApple社側はコメントをしていないが、App Storeのデベロッパーページにもアクセスできなくなっていることから、トレンドマイクロ社が事業変更をするのではないか、という憶測が飛び交っている。実はApple審査でスパイウェアであった事が発覚し、プライバシーポリシーに違反していたので新事業に切り替える方針だと言う。iOSプリインストールアプリをウィルスと判断したと言う説も飛び交っており、この事態に発展した。

外部リンク[編集]

Macにスパイウェア配布のトレンドマイクロ、ウイルスバスターなどiOS向けアプリもAppStoreから一斉削除される(すまほん!)


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ