UnNews:マイケル・ジャクソン、世界経済を救う

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
左から、ビキニ・ジャクソン、女王・ジャクソン、OG・ジャクソン、ディスコ・ジャスコン

【2009年7月16日 配信】

ワシントンDC--世界経済の救世主として期待され、大統領に就任したバラク・オバマは7月6日にホワイトハウスで声明を出し、先日亡くなった伝説のエンターテイナーマイケル・ジャクソンさんが死を以って世界経済を救った事を発表した。死因も続けて発表され、それによるとマイケルジャクソンの死因はベーコンとピーナッツバターとバナナの食べすぎで死亡したとの事です。待て、それって過食症で死んだエルヴィス・プレスリーの事だろ。同じ伝説でも人が違う心臓病に関連した何かであると明らかにした。

マイケルジャクソンの死によって彼による楽曲やダンスが再び注目を集めている。また、他商品にも波及し全ての商品に置いて、通常の3倍売れ行きが伸びているという。以下の品目の売れ行きが特に顕著とのこと:マイケル・ジャクソン枕カバー。マイケル・ジャクソン・マグカップ、マイケル・ジャクソンTシャツ、マイケル・ジャクソン・キーチェーン、マイケル・ジャクソン粉ミルクなどなど。新商品が続々とマイケル・ジャクソン・ブランドのもと発売され消費を喚起している。

かの有名なバービーも限定版として「マイケル・ジャクソン・シリーズ」を発売。人気順にディスコ・ジャクソン、ビーチ・ジャクソン、ドクター・ジャクソン、フラダンス・ジャクソン、猫耳・ジャクソン、サンタ・ジャクソン。そして不人気商品、赤ちゃん・ジャクソン、チアリーダー・ジャクソン、カラオケ・ジャクソンなどが発売されている。バービーを製造・販売しているマテルによるとこれらの商品はマイケルジャクソンのように飛ぶように売れている。

あまりにも売れ行きが好調なことから、限定版の生産が追い付いていないのが現状だ。今後、一部の既存製品を一時中止し、限定版の生産を拡大するとみられる。「リサ・マリエ・プレスリー[1]」のバービーも製造が一時中止されると囁かれたが、マテルのマーケティングディレクターによるとリサとマイケルの人形はペアで、お徳用ダブルパックとして販売されるとの事。ディスコ・デュオから花嫁・花婿からミスター/ミセス・サンタまで幅広いラインアップを用意する予定だ。今後、マイケル・ジャクソン・シリーズはジャクソン5・コレクション・シリーズの一部となり、マイケル・ジャクソン・シリーズはコレクターズ・エディションも来秋製造予定。

GM倒産など逆風が吹く世界経済について言及したとき「フォードとクライスラーも再建できる」とオバマ大統領は高らかに宣言した。「マイケル・ジャクソン・ステッカー、マイケル・ジャクソン・ポスター、マイケル・ジャクソン・シリアル(意外とうまいマイケル・ジャクソン・コーン・フレークも含め)、マイケル・ジャクソン・牛乳、マイケル・ジャクソン・アンチョビ、マイケル・ジャクソン・キャンデー、マイケル・ジャクソン・オロナミンなどなど様々なマイケル・ジャクソン・ブランドがここ一週間飛びぬけた売り上げを示している。これがカンフル剤となって景気後退局面は予想より早く抜け出せそうだ。」と発言し、会場を沸かせた。

フォードも新車発表会で「マイケル・ジャクソン・M1 Turbo」を発表。発表会でフォードのCEO、ムラリー氏は「世界中のディーラーたちからの報告によると予約が殺到している」と述べた。「マイケル・ジャクソンの名と顔があしらわれた車を買わない手はないだろう」、マイケル・ジャクソンの写真付き赤ジャケットとタイトな白ズボンを着た金髪の若者が興奮気味に語っていた。9月1日にもアメリカ市場に投入され、日本では年内に販売開始される。

マスコミもこのマイケルジャクソン効果のおかげで財務が改善。森光子のように長生きすると仮定していたマスコミは大物タレントを中心に今まで生前中にバッシングしたことに対する後悔の念が浮上している。そのせいか、マスコミはマイケルジャクソンブランドを積極的に売り込んでいる。だが、彼はそんなに気にしてはいないだろう。なんせ、彼は三途の川を渡っても儲けられる人だから。

脚注[編集]

  1. ^ エルヴィス・プレスリーの娘。1994年5月26日、マイケルジャクソンさんと結婚。「世紀の結婚」と呼ばれたが1996年1月18日離婚。1999年には「エルヴィスだって鼻の整形をした」とマイケルが発言して絶交が確定。


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ