UnNews:三菱重工、日本製鉄が徴用工被害者に230億ドル拠出を決定

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【ウリジナル新聞】

今や韓日関係最大の障害となっている日帝強制期徴用工問題が解決に向けて動き出した。

韓国政府が大法院(日本最高裁に相当)での判決後、8ヶ月間寝る間も惜しんで解決策を考えてきたことが実を結ぶこととなり、国民の大多数と、韓国の立場から側面支援してくれていた日本の野党日本共産党社民党山本太郎氏)、石田純一氏、室井佑月氏ら著名人などが皆、一様に胸を撫で下ろした。

韓国政府は19日、韓日の企業による自発的な拠出金で財源を確保し、大法院の確定判決を受けた被害者に慰謝料を支払う案を日本に提案したと発表した。

非常に斬新なアイデアで、「これまで韓国国内はおろか、日本人ですら誰も思いつかなかった妙手」との評価がとても高い。

あまりに素晴らしい解決策に慌てた日本政府は、参議院選挙を控えた与党自民党による嫌韓ムードを国内政治に利用する戦略が破綻しかねないと、「両国企業が参加した基金という発想自体が非常識的だ」と即日拒否する体たらくだ。

日本国内で人気が上昇している河野太郎外務大臣も「国際法違反状況が続くことであるから日本としては受け入れられないと申し上げた」などという負け惜しみのような妄言を繰り返すばかり。

だが、徴用工問題で何度も物乞いのように原告支援団体が訪ねてくるのに辟易していた三菱重工日本製鉄は、株主総会の会場前にまで物乞い乞食のように群がられたことに困惑し、日本政府の要請にも関わらず、韓国政府の案に同調することを決めた模様だ。

具体的には、韓国国内に数多居る徴用工被害者とその遺族に対し、韓国最高裁の判例に則り、韓国が一方的に解散させた慰安婦財団の関係者を集めた新財団を設立し、一人当たり10万ドル、合計230億ドルを拠出する意向だ。

巨額の資金がまたもや勝手に転がり込んでくる財団関係者被害者たちは相次いで歓迎のコメントを発した。

文在寅大統領も日本企業の決定を歓迎し、「(韓国の考える)正義は絶対だ」と興奮した様子だったと、青瓦台関係者が匿名でコメントした。

自由韓国党など保守派は政権交代後の反日材料がなくなってしまうと反発を強め、訴えを起こしていない被害者との協議がなかったなどのフェイクニュースを拡散しようと躍起になっているが、G20後には20年政権構想を目指す文政権にとって目ざわりなので国民請願に則り解散させられることが確実視されていることから、指示は広がっていない。

両加害企業は財団設立が確認され次第、230億ジンバブエドルを輸送すると合わせて発表した。

この資金が到着すると、雇用が崩壊している韓国国内で、大量の紙幣を分配する新雇用も生まれることが予想されており、韓国のGDPを数%上昇させる見込みだ。

雇用環境改善を受けて、文大統領のお家芸ともいえるドルイドキングによる世論操作も行われ、文政権の支持率が230ベーシスポイント上昇することが決定している。

また、経済的に困窮したジンバブエ国内でも雇用が生まれ、かつ着火剤やちり紙にするくらいしか使い道がなく、ごみ屑のように捨てられていて処理に困っている紙幣が有効活用されることから、地球環境にも優しい素晴らしい解決策であったと、国連安保理でも顕彰される見込みで、来年の韓国の教科書に掲載されることも即日決定した。

良い事尽くめのジンバブエドル輸送大作戦は、現地で紙幣が掻き集められ次第、始まる模様だ。

なお、ジンバブエドルの交換レートは約300兆ジンバブエドル=1日本円となっている。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ