UnNews:上野クリニックがタートルネックでアパレル業界に進出

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2012年6月18日 アバズレニュース】

形成外科を運営する上野クリニックが、タートルネックの衣料品でアパレル業界に進出する予定であることが17日に判明した。医療業界では初となる。

上野クリニックは以前からタートルネックを苦しそうに着用したイケメンのCMを流して一部マニア層から注目を集めていたが、今年5月からANB系の地上波サッカー番組「やべっちFC」にもCM提供を開始し、サッカーファンから注目を集めるようになっただけでなく、「マーケティングを考えるとやべっちFCを見る層はタートルネック状態の人が多いはず。そう考えると興味深い」と別の意味で注目も集め始めるようになっていた。

しかし、上野クリニックは実際にタートルネックの衣料品を販売している訳では無かったため、このCMがタートルネックに対するネガキャンであるとアパレル業界からクレームが殺到。また「やべっちFC」は15歳未満の児童視聴者も少なくないことから「お父さん、お母さん、上野クリニックのタートルネックが欲しい」とCMを見た子供がせがみ出し、両親が答えに窮する家庭が続出。上野クリニックはマーケティング戦略の変更を迫られていた。

「真性モデル」のタートルネック

そこで上野クリニックは「いっその事、本当にタートルネックを売りだしてみよう」と開き直った企画を立案。頭を出すことは出来るものの布が顔の半分を覆ったままになる「仮性モデル」、頭をかろうじて出すことは出来るが首元が常に締め付けられる「嵌頓モデル」、そして頭を出すことが困難な「真性モデル」の3種類のタートルネック商品を開発。今年の秋頃から「ひとつ上のタートルネック」というブランド名で上野クリニックの全国19医院で売り出す予定という。

また嵌頓モデルと真性モデルはそのままでは実用に適さないため、希望者にはその場で頭が出せるように「カット処理」を有償(5万円~)で施すことも可能とする。「自然な仕上がり」をモットーとするという。

この思い切った経営戦略に対して上野クリニックの川甘利(かわあまり)医院長にインタビューを試みた所、「ウチのCMに反応する人はタートルネック率が高い。こんな記事を見ているあなたもきっとそうでしょう。折角なのでウチに来てひとつ上のオトコになりませんか」と意味がよく分からないコメントを残した。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「上野クリニック」の項目を執筆しています。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ