UnNews:仙谷官房長官に要介護度一次判定 要介護1に

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

【アンサイクロメディア財団報道部 神戸支局】

本日10月29日午後、仙谷由人官房長官の居住地域を統括するケアワーカーの依頼により徳島県徳島市で要介護度一次判定が行われた結果、仙谷氏が要介護1と判定され、継続した常時介護を要する状態であることが明らかになった。

これは、仙谷氏自身が記憶障害に悩んでいる[1]ことから利用できる福祉サービスの範囲を確認するために行われたものである。創造学園大学ソーシャルワーク学部所属学生である酒井法子氏の分析によると、仙谷氏は麻痺がなく、移動や動作については全く問題ないとした。しかし、職務も含めた金銭管理や日常の意思決定など身の回りの行動にやや問題が見られることに加えて、被害的で感情の赴くままに大声で暴言を発する、落ち着きが無く、介護に抵抗するなどが問題行動として認識された。そして、今いる場所が理解できないことに加えて、仙谷氏自身が気がかりである通り、物忘れがひどく、最近の記憶に加えて自身がかつて務めた仕事についても忘れており[2]ウィキペディア記事...)、他者との意思疎通が極めて困難であることが要介護1判定の決め手であろうと解説した。また、二次判定での観察内容によっては、要介護2の判定がされる可能性もあるとした。

ケアワーカーは今回の結果を踏まえて、かかりつけの医師に要介護度二次判定を要請することで仙谷氏の要介護認定を行い、ホームヘルパーデイサービスの利用や結果によっては特別養護老人ホームへの入所も薦めると伝えた。しかし、現在の活動が介護予防につながっている一面があることについても言及し、最終的には本人の希望による選択を心から願っていると述べ、被認定者が今後豊かで心安らかな生活を送れることを望んだ。

2010年10月29日 18:80:0

関連リンク[編集]


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ