UnNews:国税局が楽天に追徴課税「田中将大分の固定資産税を払え。」

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


【日本ゲイ財新聞】関係筋の話によると、国税局がプロ野球の楽天に追徴課税の処分を検討していることが明らかになった。

社長の連日の発言に国税局が注目[編集]

事の発端は、今年のプロ野球のストーブリーグの最大の懸案であったポスティングシステム協定の再締結であった。これはただの協定の話にはならず、今年のプロ野球の中心人物となった田中将大投手がこの制度を利用して大リーグに挑戦するか、という問題につながっている。日本プロ野球の数々の記録を塗り替える快投に次ぐ快投で、大リーグから大注目されており、この問題が解決しないのでアメリカのFA市場が停滞している、という前代未聞の状態になっている。

協定での最大の懸案となっていたのは、大リーグの球団が日本の球団に支払う、いわば移籍金に相当する額をどうするか、という問題であった。この問題は大リーグも一枚岩ではなく、貧乏球団と金持ち球団で意見が対立するという状況で、結局最大2000万ドル(約20億円)という上限で日本の球団側が移籍金を決める、という仕組みで決まった。

これに異を唱え続けたのが当の楽天である。立花陽三球団社長は「田中は2000万ドルでは安すぎる」と言い続けており、「1億ドル(約100億円)の価値はある、との話もある」との発言もあったらしい。

これに国税局が目を付けた。「じゃあ、その分の税金を払ってもらおうか」。

追徴額は数十億円か[編集]

国税局の職員の話によると「通常、プロ野球選手は球団と契約しているので、見方によっては固定資産とも言える。しかし、その価値は他の固定資産に比べれば無視できるものであり気にしないのだが、100億円となれば無視するわけにはいかない。」とのこと。これは資産隠しではないか、ということで現在検討作業を行っているとの情報が入っている。

また、「この1年で価値が100億円になったとは考えにくい、ここ数年間はこれに近い価値があったはずで、その分も含めて追徴課税することは間違いないでしょう」とのことで、追徴課税額は数十億円レベルになるのではないか、と噂されている。

「2000万ドルでは田中は売れない」と発言しているが、この莫大な固定資産税を払うために大リーグ挑戦を認めるのではないか、との噂もあり、今後の国税局の判断が見逃せない。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ