UnNews:埼玉県で新型インフルエンザ感染が確認

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2009年5月22日 バ科ニュース配信】

埼玉県で豚型インフルエンザの感染が確認された。

埼玉県は22日、鷲宮町の神社の宮司の男性が豚型インフルエンザに感染しているのを確認した。豚型インフルエンザについて、初めて埼玉県内での感染者が確認された。このため、「埼玉県を首都圏から外せば、首都圏内の感染者がいないことになるのではないか」と議論がされている。

男性は、先週末に出張で京都に二泊三日の行程で滞在し、その後帰宅した。その後せきが出始めたため、県の発熱外来を受診した。詳細結果で、豚型インフルエンザと確認されたという。男性は現在、県内の病院に入院しているが、発熱もそれほどなく、容体は安定していて快方に向かっているという。

双子の妹は鹿型に感染か

埼玉県の調べによれば、この男性は帰宅後に自宅である神社で普段どおりの生活をしていたとのことであり、県は、速やかに神社の境内及び東武伊勢崎線を消毒した。また濃厚接触者である男性の家族について詳細調査をしたところ、三女である双子の姉妹の姉の方に豚型インフルエンザの初期症状が現れていて、症状が深刻化しつつあるとのことである。

豚型インフルエンザは、初期症状のうちにタミフルを投与すればなんら問題なく回復するが、悪化した場合にはのような姿となることが知られている。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?