UnNews:小保方氏、歌手デビューの意思を表明

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【朝目新聞】 今月24日、STAP細胞の研究、そしてその成果の捏造疑惑で話題になった小保方晴子(30)が自身の歌手デビュー計画を周囲の人間に伝えていた事が本人への取材で明らかとなった。

経歴[編集]

小保方氏は松戸市立第六中学校、東邦大学付属東邦高等学校を経て、2002年4月に早稲田大学理工学部応用化学科入学。そしてその四年後に無事大学を卒業。その後は微生物関連の研究を続けていたが、2011年になってからは理化学研究所の研究員となった。入所後はIPS細胞に代わる細胞、STAP細胞の研究に携わる。

そんな彼女が何故突然歌手デビューなどと言い出したのか。それには深いわけがあった。

「人生切り貼りしちゃえるNO!」デビュー曲に秘めた思い[編集]

彼女のデビュー曲となる予定となる曲は「人生切り貼りしちゃえるNO!」。古い感じにする事で逆に世間からの注目を集める事が出来るから、と彼女は語った。そしてこの一曲には彼女自身自身の味わった絶望感が詰め込まれている。

「何も考えたくない。自分を消し去ってしまいたい。……ですが、このまま一生逃げ続けるわけにもいかないのが現実です。どうせ落ちる地獄なら、いっそもっと深いところへ落ちてしまおうか――。そんな考えがふと過り、今私はある計画を立てています。それは、30歳以上対象の『大人AKB48』応募です。自分で言うのもアレなんですが、実は歌は結構イケます。他もいろいろ。もし合格できたら、バッシングを乗り越え、いっそこれくらいの開き直りがいい、こんな生き方もあるんだ、人はいつでもやり直しがきくんだ、というところまで世論を持って行く自信があります。」

歌詞の詳細、そして「大人AKB48」とやらの詳細はまだ不明だが、「大人AKB48」の方はベースとなるAKB48の大きさからして、相当な規模になると予想される。

絶望を味わうのであれば逆に開き直って生きていけばいい、という彼女の楽観的な思考が彼女自身をこの結論に導いたと言えるだろう。

歌を作るのは今話題の「あの人」[編集]

「大体のイメージはできているので、あとは新垣さんに曲を作って頂ければ、話題性も十分かと。」彼女はそう語った。

新垣といえば、かの聴力障害者を自称していた久保帯人音楽家のゴーストライターを勤めていた事が発覚し世間の注目を浴びた、あの新垣隆の事であろう。そう、彼女は彼の「話題性」だけを利用して影響力を高めようと考えているのだ。これはある意味での賭けである。仮にこの事業が失敗すれば、世間が彼女に浴びせる元々冷たかった視線が一気に絶対零度レベルまで冷え込む事が予想される。今後の動向が注目される。

参考リンク[編集]


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ