UnNews:尖閣諸島漁船衝突事件の流出動画、中国の自作自演だった

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
問題の映像(一部)。

【仙谷通信 2010年11月4日配信】

今年9月、尖閣諸島沖で中国漁船日本巡視船に衝突した事件で、今回動画投稿サイト「YouTube」に流出した事件の一部始終を捉えた動画が、中国で撮影された自作自演のものであることが明らかになった。このタイミングで尖閣諸島漁船衝突事件とされる動画を公開することで、日本政府に対する日本国民の不信感を煽り、中国に頼らざるをえない状況に持ち込むことで、今後の交渉を自国に有利にしていこうとする狙いが見て取れる。また、この動画は中国にとって不利なものに見える。しかし石原慎太郎東京都知事が流布していた、溺れた日本側職員への衝突を試みる、漁民が職員を刃物で刺す等の残虐なシーンは見当たらず、動画の内容はnice boat.の一種として分類されるものであった。さらに、中国国内ではこの動画は一切放送されておらず、一部の政府関係者にしか知らされていないようだ。

この動画は44分の長さで6つに分けられてアップロードされており、ある情報筋によると、中国南方海上で撮影されたものであるとされ、日本語での停船命令や巡視船の様子など、細部に至るまできれいに「再現」されている。この動画について、日本の政府関係者は「大問題だ。我が国の国家機密がこれほどまでに漏れているとは」などと危機感を募らせており、海上保安庁のある幹部は「これ(この動画の作成技術)は本物だ」などと作成された見事な動画に賞賛の声を送っていた。なお、この件に対して菅直人内閣総理大臣は、「誠に遺憾である」として動画の作成者(初期の投稿はsengoku38氏)に対し抗議を行った。

関連ニュース[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ