UnNews:岡田武史監督発言騒動まとめ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


【〒゛イりースポーツ】

最近、サッカー日本代表監督の岡田武史監督の発言が騒動になっている。事態が沈静化したところで、これまでの経緯をまとめてみた。

敗戦後の問題発言[編集]

5月24日ワールドカップ直前の最後の国内の試合である韓国戦で、0-2と良いところが全くなく惨敗した日本代表。会場のサポーターへの挨拶も拒否し、そそくさとグラウンドを後にした岡田監督はその後の記者会見で以下のように発言した。


「1年で韓国に2回もで)負けて申し訳ない。(自分がパク・チソン見とれていたとわかれば)当然、監督の責任問題も言われると思いますので、会長に(このまま代表選手へのナンパを続けていいか)問いただしたら、いや、尋ねましたら「やれ」ということだったので、前に進むしかないと思います。(選手を口説き落とす)自信がなくなったとかではなく、「会長、(私は選手をベッドに誘い続けていいですか?(もし私が検閲により削除口説き落としたら会長もいろいろ言われますよ」と聞きました。」


先ほどの惨敗の後で憔悴しきったように見える岡田監督の真剣なように見える顔での予想外の発言にマスコミは即座に慌ただしくなった。

否定する犬飼会長[編集]

この記者会見を受け、マスコミ犬飼会長に殺到。犬飼会長は平然とした表情で以下のようにコメントした。


「ずっと(岡田監督といい男について)話していたよ。中身は(とてもよい子には聞かせられないほどアーン♥♥なので)言えない。(周りにいい男があまりにいっぱいで)プレッシャーがあった中で思うように(ナンパが)できなかったから、ショックを感じているようだった」


このようにコメントしたが事態は沈静化せず、翌日のスポーツ紙の一面はこの岡田監督の発言が大々的に報じられた。

動揺する選手達[編集]

この岡田監督の発言については選手達もとまどいを隠せない様子だった。

長谷部
「やってる僕ら選手にも責任のあること。監督がそういう言葉を出したのは、すべて(男としての魅力がない)僕らに責任がある。ここまで一緒にやってきたので、僕ら選手が(監督のナンパを)辞めさせないですよ。」
今野
「やってるのは選手なので、(監督が韓国選手に見とれていたのは)責任を感じる。応援してくれるアレな)人にも申し訳ない気持ちでいっぱい。監督よりも(監督の視線を引きつけられない)自分のせいだと思う。」
川口
(監督が狙っているのは自分なのか)それはちょっと分かりません。(変に期待して違っていたら嫌なので)コメントは差し控えたいです。」

翌日の釈明[編集]

そして、翌日の5月25日。代表は全体練習を行い、その後岡田監督はマスコミに対して前日の発言について以下のように釈明した。

(ナンパ続行発言をした時)記者会見場に(私に対する熱い視線と)笑いが起きたと思うのですが。選手(であるいい男達)にも言ったんですけど(選手の)皆さんが真剣に(自分が監督のお目当てだと)とらえるとは思わなかった。真剣に言ったわけではない。オレがここで(筋肉がセクシーな)選手を残して投げ出せるわけがないじゃないですか。」


さらに岡田監督は、技術委員長からは「言葉に気をつけるように検閲により削除を狙ってているのは私だ)」、犬飼会長からは「誤解されるような表現はしない方がいい(誘いを受けられなかった選手達がかわいそうではないか)」と厳重注意を受けていたことを明かしている。


また、これとは別に犬飼会長は「(男漁りをやめたいという)意味では受け取らなかった。『申し訳ない、(口説き)言葉が足りなかった』と言っていた。『僕でやっていくと迷惑がかかる』と言っていたが『心配するな(遠慮なくナンパしなさい)』と伝えた」と説明を行った。

解説[編集]

ワールドカップ直前というところで、このような誤解を受ける発言は大問題である。いくら冗談といえども(自分がお目当てだと期待していた)選手達からの信頼も薄らいでしまう。

これから、国のために戦うこの時期に(なんたる体たらくの人たちなんだ!と思う存分バッシングができると楽しみにしていたが)この発言とは(願ったりかなったりでとてもありがたい)なんたることだ。国の代表して戦うのだから、発言は慎重に願いたい(いやもっとやれ)

まったく「W杯4強」なんて今となっては絵空事のようだ(俺は最初から、いや今後も永久に思わないけどな!優勝したら叩けないじゃないか)。読者の皆様も期待しない方がいいと思う(万が一勝ち上がったら褒めちぎるけどな!)

関連項目[編集]


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ