UnNews:岩隈メジャー移籍がほぼ確実に

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

スポーツ放置:10月25日23時30分配信

楽天岩隈久志投手(29)のメジャー移籍がほぼ確実となった。24日に星野仙一新監督が移籍を容認したのに続き、球団オーナーで楽天社長の三木谷浩史氏がGOサインを出したためだ。

三木谷氏はこれまで公には態度を保留していたが、この日、記者団に対して「岩隈君はぜひメジャーに行くべきだと思う」と語り、メジャー移籍を後押しした。さらに「次はマー君(田中将大投手)だね。機会があればメジャーに修行に送り出したい」との発言も飛び出した。

◆ ◆ ◆

親会社の楽天では、現在、社内で英語を公用語化にしている最中だ。今後、社内人事でも英語の能力を重視するとしており、とくに会社を引っ張る立場の社員は、会話や資料作成に支障の無い英語力が必須となる。

三木谷氏は、楽天球団についてもいずれは英語を公用語としたいとの考えで、そのためにはチームの主力選手の英語力を強化する必要があると判断したものと思われる。そこでチームのエースピッチャーである岩隈をまずメジャーリーグに移籍させ、本場の英語の習得を促す。今後は田中投手ら若手にも英語力の強化を課していく見込みだ。

現在、岩隈はメジャー仕様のボールに慣れるために自主トレ中と伝えられる。「アメリカでも早くキャッチボールが出来るようになりたい」と語っており、今はまだキャッチボールにも違和感を感じるほど、メジャーのボールに苦しんでいるとの憶測も飛んでいた。しかし本心は「言葉のキャッチボールをしたい」つまり英語で滞りなく会話できるようになりたいという意味なのかもしれない。


「ところで星野監督はTOEICのスコアは何点くらいですか?」
監督の英語力 について、三木谷浩史


UnNews Logo Potato (No text).png 誤報コンテスト
本項は第3回誤報コンテストに出品されました。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ