UnNews:市民団体がネット選挙でマスコミ・大手サイトを一斉告訴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【惨刑新聞】近々、市民団体ネット選挙精神的苦痛を受けたとして、マスコミ各社とインターネットの大手サイトを告訴する予定であることが関係筋の証言から明らかになった。

ネット選挙で政党広告が原因?[編集]

第23回参議院議員通常選挙から、ネット選挙が解禁となっており、各政党ともネットでの選挙活動が行われるようになっている。ブログtwitterfacebook等での情報発信や政党HPでの活動など熱心に行われており、選挙演説ができない夜の選挙活動の手段として有効に活用されているようだ。そのなかでもインターネットから選挙活動用のホームページへのリンクへ誘導する有料広告も解禁になっており、各候補者・政党ともに広告を幅広く展開している。

今回、そのインターネット広告について告訴するようだ。

市民団体「好きなサイトに嫌な政党の広告で苦痛」[編集]

関係筋の話によると、この市民団体のメンバーのコメントとして「ある日、好きなサイトを見ていたら嫌なぴー党の広告がでかでかと表示されており気持ち悪くなった。何回みても表示されるので、もうサイト見るのも嫌になった。他にもぴーぴーの候補者のぴーの広告もあちこちで見てしまい、もうインターネットを見るのも恐怖を感じるようになった」とコメントしているとの情報が入っている。

また、「公平中立であるはずのマスコミのサイトで堂々と特定政党の広告が表示されている。これは政党とマスコミが癒着している証拠としか考えられない。」「マスコミの化けの皮がはがれた。これは絶対に糾弾しなくてはいけない。」などの声もあり、告訴範囲はかなりの広範囲と想定されている。

※一部の固有名称について音声に加工をしております。

周りの反応[編集]

このことについてマスコミ関係者は「訴状を見ていないのでコメントできない」とのコメントが多い。しかしオフレコでは「俺等に言われても知らねぇよ。『Ask by google』の文字が見えないのかよ。」「なんだよ。ぴー党はいいのかよ」との声も上がっており、今後の動向が注目されいている。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ