UnNews:弊紙記者が史上最大の合成数を発見

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【アンサイエンス部:2013年2月8日配信】

弊紙アンニュースは8日、弊社に勤務している若手記者(25)が史上最大の合成数を発見したと発表した。

この数は非常に大きな数字で有名な1グーゴルよりもはるかに大きく、その数そのものを表すことは出来ないが、最初の6桁が581,887で、最後の6桁が285,952であり、1742万5170桁にも上るという。数式で表すと、

'"`UNIQ--postMath-00000001-QINU`"'

となる。この数を発見した若手記者は、この数が合成数である理由を詳しく解説していた。紙面が狭すぎるためそれをここで解説することは難しいが、因数定理を使用して因数分解すると求めることができるとのこと。

つい先日にはアメリカの研究者が「コンピュータを複数台使用して、史上最大の素数を発見した」と発表しており、立て続けに数学界で大きな発見があったことで、世界中から注目を集めている。

なお、弊社はこの若手記者がこの合成数を発見する際、弊社内にあるコンピュータを複数台無断で使用したとして、今日付けで解雇処分にした。若手記者は「現在弊社には27,056ものコンピュータがあり、その殆どが稼働していないため、10台くらい使ってもいいと思った。反省はしていない」と話していた。

用語解説[編集]

  • 合成数 -- 1とそれ自身以外に割り切れる自然数が少なくとも1つ存在する整数のことであり、これまで知られていた最大の合成数は'"`UNIQ--postMath-00000002-QINU`"'であった。

関連ニュース[編集]

なお、朝日新聞のこの記事タイトルは適切でない。素数は無限に存在することが証明されており、今回発見された素数は、あくまでも発見されたものの中で最大なのであり、世界最大の素数ではない。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ