UnNews:政府、報道の横文字を廃止へ-新型肺炎報道をきっかけに

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【25日22時50分・日本新聞社】 25日、政府は「報道横文字が多すぎる。日本語で表現できるものは日本語で書くべきだ」として報道各社はもちろん、企業・各種団体そして国民にも外来語でなく、日本語の使用を呼び掛けた。

きっかけは河野太郎外相が22日、自らのTwitterで「クラスター集団感染。オーバーシュート、感染爆発。ロックダウン、都市封鎖...ではダメなのか。なんでカタカナ?」[1]と新型コロナ関係の報道に関して苦言を呈したこと。

これに文部科学省がいち早く反応、大学や民間企業の研究機関などにも協力を要請し、蓄積されたビッグデータを、最新のAI技術と翻訳技術を駆使し、さらに右翼活動家で「正シヒ大和言葉ヲ遣フ會」の桜井由紀夫氏らの助言を受けて提言をまとめたもの。現在では次の言い換えが提示される見込みである。

  • クラスター - 集団感染
  • メガクラスター - 大規模集団感染
  • テラクラスター - 寺社的集団感染
  • オーバーシュート・アウトブレーク - 爆発的感染拡大 (※前者は和製英語で元々は証券用語)
  • オーバーザトップ - 1.反則球抱込(闘球)2.1987年米的腕相撲映画
  • ロックダウン - 都市封鎖
  • ロックオンレーダー照射 - 射撃照準完了
  • ノックオン - 反則前面落球(闘球)
  • パンデミック - 感染症的世界大流行 (※感染の速度は問わない)
  • スーパースプレッダー - 十名以上感染源的迷惑感染者
  • クルーズ船 - 娯楽的巡洋船
  • デイサービス - 老人的保育園
  • 新型コロナウイルス - 冠状毒素第二号(コロナ・マークⅡと同義)
  • タックル - 攻撃阻止的転倒技
  • ラグビー - 闘球
  • トライ - 三点得点(闘球)/悪徳家庭教師派遣会社(社会)
  • ジャッカル - 横取於闘球(闘球:"Jackall")、南阿弗利加的犬科動物(Jackal
  • COVID-19 - 2019年流行的新型冠状毒素感染症
  • トランプ - 1.西洋花札 2.下品白人

※なお、上記はあくまで素案であり、AIや翻訳ソフトに誤訳やビッグデータ内のデータに由来する誤解や誤用、協力した人物の主観が残っている可能性がある。

脚注[編集]


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ