UnNews:故ネアンデル・タール氏、実は入籍していた

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

原始生活愛好家の故ネアンデル・タール氏が、紀元前10〜5万年頃に一般男性と入籍していた、とする記事が7日付の週刊誌『サイエンス』に掲載された。

ネアンデル・タール氏は紀元前3万年に亡くなるまでヨーロッパ中東に滞在していたことが分かっている。しかし、これまで彼女の私生活についてはあまり語られることがなく、生涯独身であったと考えられていた。しかし今回、米国とドイツの芸能リポーターが独自に取材をすすめ、入籍の事実を突き止めた。ネアンデル・タール氏の遺骨と一緒に見つかった戸籍に、入籍の記録が載っていたのである。

また、別の芸能レポーターの話によると、ネアンデル・タール氏と一般男性との間にはすでに数名の子供も生まれており、その子供は現在、世界各地で暮らしているという。これが事実なら、芸能界を揺るがす大ニュースになること間違いなしだが、二人の馴れ初めについては先の週刊誌でも一切触れられていない。ネット上では「言葉や文化も違う両者がどのようにして恋に落ちたのだろう」「出来ちゃった結婚だったのでは?」といった憶測がすでに流れている。

外部リンク[編集]

絶滅したネアンデルタール人、現生人類と交雑

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ