UnNews:森口氏、STAP細胞を使った手術に成功

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【押売新聞】

ハーバード大学森口尚史客員講師が、STAP細胞を使った移植手術を成功させたと発表した。すでにSTAP細胞から作り出した心筋細胞を心不全の患者5人に移植しており、各患者の状態は至って良好という。STAP細胞を使ったヒトへの手術はこれが初めて。

手術を行ったのは森口講師を中心とした日米合同チーム。森口講師は再生医療の研究を専門にしており、15日に記者会見を開く予定。かつてiPS細胞による初のヒトへの手術を成功させたことで有名な森口講師だが、今回も世界に先駆けて新たな治療法を成功させたことになる。

森口講師はニューヨークで取材に応じ、「かつてのiPS細胞の経験を活かして手術に挑んだ。STAP細胞の作成は比較的簡単だったが、まだマウスでしか実証されてないものを使っての手術はiPS細胞の手術よりも緊張した。しかし、なによりも患者の病気を軽く出来て良かった。」と語った。

またSTAP細胞の論文の信憑性が疑われている小保方晴子氏については「私が手術したことでSTAP細胞の効果が実証されて一安心だと思う。このような常識を覆すような発表は、かつての私がそうだったように誰もが疑うもの。心配せずこれまで通り研究を進めていただきたい。」と小保方氏を擁護する発言をした。

これからについては「ぜひとも小保方さんの研究に協力したい。そうなった暁には、かつて私がしたiPS細胞手術で聴力を取り戻した佐村河内守さんを研究チームのイメージキャラクターとして招き入れたい。」として再生医療のさらなる発展に寄与する考えを示した。

STAP細胞を使った手術を受けられる日は、そう遠くなさそうだ。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?
十大バ科ニュース

この記事は2014年十大バ科ニュースにて第二位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ