UnNews:焼肉店で食中毒、放射線が原因か

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2011年5月5日配信】

島田紳助の番組で絶賛した焼肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の砺波店(富山県砺波市)および福井渕店(福井県福井市)で、汚染されたユッケを食べた6歳~70歳の男女4人が相次いで死亡していたことがわかった。富山・福井両県警の合同捜査本部は、店で提供された肉が出荷が規制されている福島県牛肉ではないかとみて強制捜査に乗り出した。

同チェーンをめぐっては、砺波店でユッケを食べた3人が先月29日から今月5日にかけて相次いで死亡し、福井渕店で飲食した男児も腹痛で先月27日に死亡。死亡した男児からは156ミリシーベルトの放射線が検出された。捜査本部では、警戒区域に指定し出荷が制限されている牛肉を使ったとして裏づけを進めている。

この事件により、焼肉酒家えびすを経営する「フーズ・フォーラス」(本社・金沢市)はエクストリーム・謝罪への参戦を表明した。勘坂康弘社長は、参戦の記者会見において涙ぐんでの土下座を行うパフォーマンスを行った。しかし関係筋は「東京電力には遠く及ばない」と冷ややかな反応を示している。

また、別の焼肉店でも客足が鈍っており、焼肉店経営者からは「計画停電も当面の間回避してくれるのに、なんで焼肉がダメなんだよ!」と不安の声が出ている。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?