UnNews:熱中症急増、行き過ぎたクールビズ影響か

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2009年7月1日配信】

厚生労働省が実施した調査によると、昨年度日本全国で熱中症により病院に搬送された人の数は約2万人に上っており、一昨年に比べて200%もの増加となったことが分かった。厚生労働省は患者の増加の原因について何も触れていないが、専門家の間では、行き過ぎたクールビズが大きな要因となっている、という見解が大勢を占めている。その過剰なクールビズが行われている現場を取材した。

都内の公立大学で講師を務めているA氏(55歳男性)は先月25日、講義中に突然熱中症によって意識を失い、近くの病院に搬送された。クーラーのついてない教室で長時間講義を行っていたのが原因であった。「クールビズ政策のせいで、クーラーをつけて講義することが禁止されているんです。あんな灼熱地獄の中で講義なんてやってられないですよ。政府はもっと現場のことを考えてほしい。」A氏はこのように述べ、行き過ぎたクールビズの推奨を批判した。

クールビズを率先して実行している国会でも、熱中症になる議員が後を絶たないという。クーラーをつけない本会議場の気温は連日40度近くにまで上っており、ネクタイ・スーツ・かつらなどを着用しなかったり、挙句の果てに上半身裸・パンツ一丁になったりする議員が続出している。それでも夏の暑さには勝てず、今年熱中症で病院に搬送された国会議員は231人にも上っており、このうち19名は意識不明の重体となっている。クールビズの火付け役である小池百合子元環境大臣も先月29日、熱中症によって病院に搬送され、現在も入院している。

行き過ぎたクールビズの影響は思わぬところにも広がっている。警察庁の調査によると、クールビズと称して街中を全裸で徘徊して逮捕される人が今年だけで600人にも上っているという。東京都在住の歌手K氏(35歳男性)は今年4月、都内の公園を全裸で歩いていたところ、突如警官数名に囲まれ現行犯逮捕された。K氏は警察署での取り調べで「自分は地球温暖化防止のためにクールビズしていただけだ。裸になって何が悪い!」と何度も訴えたが、警察は一切聞く耳を持たず、逆に「最低の人間」などと彼を罵る者もいたという。

クールビズによって幼い子供が犠牲になる事件も後を絶たない。自家用車でもクールビズが推奨され、車内エアコンの温度を高めに設定する家庭が増えたことで、室内に放置された子供が熱中症になり死亡するケースが続出している。また、全国に先駆けて赤ちゃんポストを設置した熊本県の慈恵病院でも、ポスト内の冷房を取り外したために、中に入れられていた新生児が熱中症で死亡するという悲惨な事故が発生している。

このような行き過ぎたクールビズに対しては、与野党を問わず強い批判が出ており、この問題が近々行われるであろう衆議院議員総選挙の大きな争点になることは間違いない。

UnNews Logo Potato (No text).png 誤報コンテスト
本項は第2回誤報コンテストに出品されました。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ