UnNews:皆既日食で島が悲鳴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2009年7月20日 西関新聞社】

2009年7月22日に、鹿児島県奄美地方などで皆既日食が観測されるが、それに伴い奄美地方に位置する悪石島が悲鳴を上げている。 ある住民は、「日食を見に来る客で島が沈んでしまうのでは」と話す。

実際、東京などで地盤沈下が起こっているように、この悪石島をはじめとする奄美の島が沈む危険に瀕している。 ある科学者は、「地球温暖化などですでに沈没の危機にある島にいつもの倍以上の人が集まり島の地面を踏むことにより地下水や島の地下にある砂が移動あるいは海に流れ込み、それにより島が沈む可能性も十分に考えられるだろう」と話す。

さらに、この学者はもうひとつの問題を指摘し、皆既日食により地球が氷河期にはいる懸念もあると言う。予測されている皆既日食の時間は多いところで6分だが、万が一皆既日食の真っ最中に月の公転周期や軌道が変わり、この地方が部分的に氷河期化する恐れがあると言う。 気象庁と各地の天文台は、このような事態が発生したときに直ちに警戒情報を出すとしているが根本的な解決策は見出せていない。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ