UnNews:福岡ソフトバンク、孫正義氏に永久欠番

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


【スポオツニッポン】福岡ソフトバンクホークスが今年の日本一の功績をたたえ、オーナーの孫正義氏に永久欠番を贈与することが判明した。

悲願の日本一[編集]

2011年のKONAMI日本シリーズでソフトバンクは中日ドラゴンズを4勝3敗で下して8年ぶりの日本一になった。8年前は福岡ダイエー時代であり、ソフトバンクとしては初の日本一になった。

前回の日本一以降も最下位になった年はあったものの、それ以外の年は常に優勝争いを繰り広げていた強豪だが、日本一どころか日本シリーズにも出られなかった。クライマックスシリーズでは毎年のように負け続け、短期決戦に弱いと言われ、ソフトバンクが負けるのはもはや恒例行事とまで言われていた。

しかし、今年は違った。交流戦を圧倒的な強さで優勝すると、リーグ戦でも終盤でも強烈な強さを発揮、終わってみれば2位に17.5ゲーム差を付ける圧倒的な強さで優勝。その勢いのままに、クライマックスシリーズもストレートで突破、悲願の日本シリーズ出場を果たし、そして遂に日本一に到達した。

ソフトバンク日本一最大の功績者孫氏[編集]

球団にとって手が届くようで届かなかった日本一についに到達したことで、お祭りムードにさっそくわいている。その勢いに、この日本一の最大の功績者であるオーナーの孫氏に永久欠番を与え、その功績を永久にたたえようという動きが始まっている。

孫氏は球団経営に行き詰まっていた福岡ダイエーを買収、莫大な財力を活かして経営を立て直すのと同時にチームの補強にも着手、FA選手を毎年のように獲得しつづけた。特に今年は細川亨内川聖一という他球団の主力選手を獲得、他球団での主力選手となりうる選手がベンチを暖めているという圧倒的なチーム力の増強に成功。生え抜き選手との融合もうまくいき、まさに日本に敵なしの球団となった。

関係筋や球団職員の話によれば、このような球団になったのはまさに孫氏がいたからに他ならず、まさに孫氏こそ球団初の永久欠番を与えるにふさわしい人物との認識で一致しており、反対する職員は誰もいないとのこと。

孫氏、番号選定に着手か[編集]

マスコミ等には公式には発表されていないものの、球団幹部から孫氏に内々に打診をしており、孫氏も快諾したと言われている

孫氏は現在は日本一の祝賀行事に参加することで忙しいが、その合間を縫って早速自分の永久欠番となる番号の選定を始めていると言われている。

これも関係筋の話だが、孫氏は自分の番号ということで慎重に選びたいとのことだが、「うれしい悲鳴だ。158990とか好きな番号がたくさんあり、どれがいいのか迷っている」とコメントしていると言われている。

ただ、各種行事や終わる頃には決めたいとの意向をだが、正式発表は選手の契約更改が終わったあとにしたい、との意向を持っているため、正式な発表は年明けになる見込みである。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ