UnNews:総裁選挙をテーマにした「トロイカプラス」の、発売無期限延期が決定

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

総裁選挙をテーマにした「トロイカプラス」の、発売無期限延期が決定

9月3日、自民党オンラインショップで発売を予定していた「トロイカプラス」の発売が無期限延期となった。 予定されていたロゴ

ここ数日の猛暑に煽られて総裁の椅子がフラフラして行方不明になったことが事件の発端。
菅直人内閣総理大臣は先の参議院選の敗北、および人気の下降、さらになんとなく総裁の椅子のすわり心地が悪くなったと言って家具屋に修理に出したため、物理的かつ一時的に総理の椅子が官邸からなくなったのである。コレに何を勘違いしたのか、小沢一郎伝書鳩が「あいつ、総裁辞める気ですよクルッポー」と鳴いた。新党さきがけや自由党時代もそうであったように、いつもの「壊し癖」がウズウズしていた小沢一郎はコレに乗っかり、したり顔で「トロイカプラスワン」を提唱した。

ずいぶんとゴツイ顔のヒロインたち

このトロイカプラスワンは、代表を鳩山由紀夫、筆頭代表代行(選対本部長)を小沢一郎、菅 直人、輿石東、幹事長を岡田克也にするという挙党一致体制をとることを提唱した。なんか前に見た伝書鳩内閣の再来のような気がしないでもないうえ、国民からは「小沢はないわー」との声が沸きあがり、様々な混戦模様を呈す。しかしこの混乱状態のなか、にわかに景気に沸いたのが自民党オンラインショップである。

与党から野党に転じ、節約という概念が丸ごと存在しない彼らは、資金繰りが今までのように上手くいかないことに業を煮やし、ニコニコ動画の「野生のプロ」系タグを辿ってそのうp主たちを招集。こうしてアタリショックのきっかけとなった「ET」もかくやの勢い突貫工事で、どことなく見たことのあるゲームを作り上げたのである。

予定では縦スクロール型の横シューティングゲームで、プレイヤーは戦闘機に乗って画面の敵を撃墜する。
最高得点を取ると総裁選に優勝し、結果的に告白シーンに移行するするという、先駆的なものだった。ハードは諸事情により中国の農村で生産され、一部で根強い人気を誇る「Double Games」になる予定であったしかし、小沢・菅の仲間割れが大々的に報じられ、トロイカプラスワンの体制自体が成立しないことが分かると、発売そのものを無期限延期せざるを得ない格好となった。

なお、既に5件にも及ぶ予約が民主党から匿名で殺到していた(自民党本部発表)らしい。当局が匿名で取材に応じたところ、「出来がよければ大量購入して陸山会の資産をうやむやにしたいと思った」と、一様に残念な声が上がっている。

DS・・・・・・かどうかはお察しください

しかし今後、菅直人の夫人である菅伸子が、このゲームのストーリーに準じたタイトル「~なおと!~トロイカ☆ぽっぽ☆プラス」のライトノベル勝手に執筆する予定である。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ