UnNews:行方不明のカーネル・サンダース氏、24年ぶりに帰還

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

3月11日

1985年以降行方が分からなくなっていた、ケンタッキーフライドチキン道頓堀店勤務のカーネル・サンダースさん(年齢不詳)が、大阪市道頓堀川で発見された。

概要[編集]

1985年10月16日の夜、彼はKFC道頓堀店の店前でいつものように営業活動を行っていた。その日の道頓堀には異常な雰囲気が漂っていたが、突如として大暴動が発生した。戎橋から入水自殺を図る人が大量に現れたほどのこの狂気は彼にも襲いかかる。突然大量の群衆が彼を拉致してしまったのだ。当時近くにいた目撃者の話によると、その人達はなぜか口々に「バースだ! バースだ!」と叫んでいたとのこと。

翌日、店に彼は現れなかった。彼の安否を心配し、店員や近所の人などが懸命に捜索を行ったが彼は見つからなかった。当時,この場に居合わせた人によると、道頓堀川に放り投げられたとの情報もあり、彼の生存は更に不安視された。なぜなら彼がカナヅチであることは常連客の間でも有名な話であったからだ。大阪府警には捜索願がだされ、警察も巻き込んだ必死の捜索もむなしく、彼は発見されなかった。

彼の遭難が与えた影響は大きかった。彼は店だけでなく道頓堀界隈でも有名人であり、その人気をくいだおれ太郎と二分するものであった。くいだおれ太郎とは店も向かいあっていたこともあり、親しかったと言われている。そんな彼の人柄に突き動かされたのか、彼が行方不明となって何年も経過しているのにも関わらず彼の捜索活動を再開するファンが続出、テレビ番組での捜索も数度に渡り行われたが、発見されることはなかった。

ところが、彼の存在も徐々に忘れられつつあった2009年3月11日、事態は急展開を迎える。道頓堀川・戎橋下流200~300メートル付近で、大阪市建設局による水辺整備事業の一環として障害物調査除去作業を行っていたダイバーが、偶然にも彼を発見した。24年ぶりに発見された彼は、トレードマークでもあった眼鏡を失い、服は泥で汚れきったなんともみすぼらしい姿であった。しかも彼は両足を負傷しており歩けない状態であったため、クレーンで吊され救出されることとなった。

それでも街の人気者だった彼の発見は道頓堀だけでなく、関西地区全般で話題となった。それだけ話題になることもあり、不況の日本に明るい話題を提供したかと思われたが、彼の記者会見でその雰囲気も微妙なものになりつつある。

記者会見の模様[編集]

カーネル「恥ずかしながら、生き永らえて帰って参りました。こうして皆さんにまた逢えると思ってもみませんでした」


-あの日の様子は覚えていますか? 覚えていたら教えてください。

カーネル「本当に恐かった……いきなりバースバース言われて連れ去られたと思ったら、何度も胴上げされてそのまま川に放り投げられたんです。」


-どうして助かったんですか? 助けとかは呼ばなかったんですか。

カーネル「気づいたら川岸にいました。助けは呼びたかったのですが、両足が動かなくなり、しかも声も出せない状態で助けを求めたくても求められなかったんです。そこで一家相伝の秘術で助けを求めることにしました」


-一家相伝?

カーネル「呪いです。私はバースバース言って私をこんな目にした奴が憎い。そこで阪神に呪いをかければ、みんな私のせいだと思って必死に捜索してくれると思ったのですが……」


-ですが?

カーネル「阪神ファンマゾ変態だ! 普通、勝てなければ怒るし焦るだろう。しかし、あいつらは負けることに快感を覚えたマゾ野郎だ! 負けたら負けたでいいと思ってやがる! 誰も私の心配をしてくれなかった! 」


-そんなこともないですよ。みんな必死に探してたんですから。

カーネル「そうか……それは失礼した」


-ところで戻ってきてまずは何をしたいですか?

カーネル「そうだな。まずは心配してくれたみんなに挨拶したい。とくに私のライバルでもあり友人でもある、ミスターくいだおれに会いたいものだ。そしてまた営業合戦をやりたいですな」


-それなのですが……彼は現役を引退しており、今はセミリタイア状態なのですが……

カーネル「そうなのか! そうか、24年も経っているからな……時の経つのは早いものだ。それならば心配してくれた店の方にお礼を……」


-道頓堀店は1998年に閉店してしまって、今は別の店が話題なのですが……

カーネル「なんだと! 私が24年間、これだけ過酷なサバイバルをしていたのにもかかわらず何も心配せずに店を放りだしたのか! 私がどれだけあの店の売り上げに貢献したのかわかってるのか! こうなったら店に文句言ってやる。今はどこだ!」


甲子園球場店です……そこには新しいカーネルが……

カーネル「なんだと! あんなマゾ集団の本拠地に居座っているだと! しかも、新しい奴に働かせるとは、俺の存在はなかったことにするつもりだったんだろ、許せん!


-そういえば、球団側もKFCも甲子園で働いて欲しいと……

カーネル「はぁ? てめぇ、なに言うとるんじゃボケ! あいつらはワシを地獄に落として、「働け」やと! まずやることがあるやろ! あやつら、黄金色の菓子の入った菓子折もって謝りに来んかいワレ!

今後について[編集]

このように現状を知ったカーネル氏は激怒。気まずい雰囲気のまま記者会見が終了してしまった。記者会見後、カーネル氏も冷静になったようで、「ひとまずは休みたい、先のことはこれから考えたい」とのこと。ただ、自分を非道い目に遭わせた阪神タイガースと、彼らと手を組んだKFCへの怒りは収まったわけではない模様。彼の呪いは今後も続く可能性がある。

まずは、KFCへ行方不明期間中の24年間の給与を請求し、阪神には損害賠償を請求すると明言しており、今後も波乱含みである。

関連項目[編集]

関連ニュース[編集]

Wikinews-logo-en.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィキニュースの記者気取りたちが「行方不明のカーネル・サンダース氏、24年ぶりに帰還」の項目を執筆しています。
十大バ科ニュース

この記事は2009年十大バ科ニュースにて第2位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ