UnNews:酒井法子さんの運動会にメディアの列

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【UCP 通信】2010年5月31日 (月) 12:59 (JST)配信

覚せい剤所持で有罪判決を受け執行猶予中の酒井法子さんが長男運動会に出席し、多くのメディア関係者が見物に訪れた。 当日の朝早くから現地に現れた酒井さんは、会場となる学校に来校。キャップを深めにかぶって顔を隠し、それ以外はカジュアルな格好で現れた。同時刻から熱心なマスコミ関係者も我が物顔で来校し、慌ただしく酒井さんを追跡。居合わせた長男の友人などから取材という名の聴取を行っていた。また、酒井さんは朝早くから会場の清掃、設営を実施。マスコミが汚した運動場の整備や、ゴミの撤去などを行った。

運動会中は児童が待機するテント保護者向けの休憩所を往来。また、ママ友達(長男の友人やご近所さん)と談笑もしていた。終始楽しんでいる様子だったとのこと。 この間マスコミ関係者は忙しく酒井さんを追跡。一挙手一投足を忠実に記録していた。だが、基本的に通路や観覧席を狭く取る運動会場では邪魔だったようだ。

運動会に来場していた児童によると 「知らないおばさんについてしつこく聞かれた。目が怖かった。」 「パンツの色についてしつこく聞かれた。鼻息が怖かった。」 「重たくて大きな機械を沢山持っていて邪魔だった。当たりそうで怖かった。」 との批判があった。

また別の保護者からも 「児童と保護者と学校と地域が一体感を出せる運動会で部外者の侵入を許すとは由々しき事態である。子どもたちは知らない大人たちの姿に恐怖し、我々保護者も座る場所を取られたり、談笑の邪魔になる。マスコミにはこういった行事に顔を出してもらいたくない。」との意見があった。

酒井さんについては「覚せい剤に手を出してしまったことは残念であるが、まだやり直せるはずだ。長男もまだ若いので頑張ってもらいたい。我々地域も彼女に協力したい。まずは彼女自身の安眠のためにマスコミは彼女から離れるべきだ。」とのことであった。

酒井さん自身は判決後、大学福祉を学んでいる。薬物と戦う人の希望として頑張ってもらいたいものである。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ