UnNews:韓流ゴリ押しの黒幕、芸能界追放へ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

8月23日午後10時、フジテレビを筆頭に国家を巻き込む形で暴走を続けたゾンビウェーブ「韓流」を影で操った男が芸能界から姿を消す。

韓流の黒幕である島田紳助氏の芸暦はおよそ30年におよび、それまでに培った既存のメディアとのつながり、および自身が所属する吉本興業の影響力を十分に活かす形で各放送媒体に韓国出身の芸能人をゴリ押しすることで、自らの地位を積極的に向上させることに成功する。

ここで重要になるのは、氏の出演するバラエティにはほとんど韓国の芸能人が出演していない、にもかかわらずなぜそのことが地位の向上につながるかといえば、氏は自らの存在を脅かす後輩達の番組の隆盛に歯止めを掛けるため、番組を統括するプロデューサーに働きかけることで、放送局サイドから積極的に実力が伴わない韓国芸能人達を、後輩達の番組に出演させることで、必然的に自らの地位が安泰になることを画策。さらに、場合によっては自らプロデュースしてまで、韓国人を各番組に送り込む。その結果、吉本興業所属する氏の後輩芸人の中で最も実力のあったダウンタウンの番組には、まるで雨アラレのように、実力も日本語の会話力も不足しがちな芸人が列を作るかのように出演、吉本の未来を支えると誰もが信じていた2人の活動は見るからに停滞してしまう。

そして、ダウンタウンの2人以外にも、多くの吉本興業の若手芸人たちが関わる番組においても積極的に韓国から芸能人を呼び寄せることで、自らの手を汚すことなく、より自らの地位を高めることも策謀した氏であったけれど、残念なことに、余りにも多くの芸能人を韓国から呼びすぎたことが、8月21日のフジテレビに対する反偏向放送デモという、前代未聞の事態を招く結果となってしまう。この事態を受け、ついに金のためなら何でもする吉本興業も決断。もはや金にはならないと、芸能人では誰でもやっている、内田裕也にいたってはものすごく堂々とやっている暴力団との付き合いを理由に、氏を強制的に芸能界から引退させる。

このような事態を受け、すでに多くの放送局が韓流自粛に向けて着々と動き出しており、日本で一番韓国芸能人と付き合わなかった、出演させなかった氏の番組が、今後どのような形になるのかが注目されている。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ