UnNews:駅長「寂しい」…JR旅客で最後のタブレット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2012年9月22日 嫁売新聞】

Tab.jpg

新潟県会津地方内のJR只見線で22日、タブレット端末の最後の受け渡しが行われ、ローカル線の消えゆく象徴を目に焼き付けようと、多くの鉄道ファンが詰めかけた。

タブレット端末は全国のJRの旅客鉄道で、同線だけに残っていた。会津坂下駅で、駅員がタブレット端末を運転士に手渡すセレモニーが開かれた。川井辰蔵駅長は「駅員と乗務員が私的な話題をメールでやり取りする機会がなくなり、寂しい」と話した。23日からは信号機が使われる。

タブレット端末は、信号すら導入されていないローカル線において、JRが列車運行管理の手段として導入を進めていた。しかしながら運転士が運転中にゲームに興じたり、車窓の風景を写真撮影するなどの不祥事が多発。JRは方針を撤回し、タブレット端末の使用を取りやめる事とした。


外部リンク[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ